RIEB・兼松セミナー

2020年度 RIEB・兼松セミナー

2020年5月

2020年5月11日(月) 13:30~

RIEBセミナー

論題
感染症の社会経済史的考察:新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大への含意を念頭に
報告者
鎮目 雅人(早稲田大学政治経済学術院/神戸大学経済経営研究所)
会場
Webexによるオンラインセミナー

詳細はこちら

2020年5月12日(火) 13:30~

RIEBセミナー

論題
Trade Liberalization and Wage Inequality: Evidence from Chile
報告者
村上 善道(神戸大学経済経営研究所)
会場
Webexによるオンラインセミナー

詳細はこちら

2020年5月13日(水) 13:00~

RIEBセミナー

論題
国内外のESG金融の動向および環境省の施策
報告者
芝川 正(環境省大臣官房環境経済課 環境金融推進室長)
会場
Zoomを使ったオンラインセミナー

詳細はこちら

2020年6月

2020年6月10日(水) 13:00~

RIEBセミナー「新型コロナウィルス危機後の社会システム研究会」

論題
文明としての都市とコロナ危機
報告者
浜口 伸明(神戸大学経済経営研究所)
会場
Webexによるオンラインセミナー

詳細はこちら

2020年6月23日(火)13:30~

第585回神戸大学金融研究会

RIEBセミナー共催

論題
「資産形成のためのリテラシー調査」税制リテラシーが促す投資行動
-金融・税制・年金の3種のリテラシーの調査の結果概要と予備的分析-
報告者
是枝 俊悟(株式会社大和総研 金融調査部 研究員)
会場
Zoomによるオンラインセミナー

詳細はこちら

2020年6月23日(火) 16:50~

RIEBセミナー

神戸開発経済・経済史セミナー/六甲フォーラム 共催

論題
Receiving Maternal Care in Extreme Weather: Evidence of Mobile Money Use in Rural Uganda (with Tomoya Matsumoto)
報告者
江上 弘幸(政策研究大学院大学 博士課程)
会場
Zoomによるオンラインセミナー

詳細はこちら

2020年7月

2020年7月4日(土)10:00~

第586回神戸大学金融研究会

日本金融学会国際金融部会/RIEBセミナー 共催

論題
アジアの発展の歴史と現代への含意~いまアジアコンセンサスを考える
報告者
中尾 武彦(みずほ総合研究所理事長)
会場
Zoomによるオンラインセミナー

詳細はこちら

2020年7月21日(火)15:00~

兼松セミナー

TJAR Workshop 主催、社会システムイノベーションセンター 共催

論題
Estimating a Firm-Year Measure of Conditional Conservatism for Japanese Listed Firms
報告者
山下 知晃(福井県立大学経済学部)
論題
ROE 改善を目的とした自社株買い実施タイミングの検証
報告者
河瀬 宏則(横浜市立大学学術院国際総合科学群)
会場
Zoomによるオンラインセミナー

詳細はこちら

2020年7月31日(金)17:40~

RIEBセミナー

神戸開発経済・経済史セミナー/六甲フォーラム 共催

論題
Toward Better Informed Decision-Making: the Impacts of a Mass Media Campaign on Women's Outcomes in Occupied Japan
報告者
奥山 陽子(Department of Economics, Uppsala University [Sweden])
会場
Zoomによるオンラインセミナー

詳細はこちら

過年度のRIEB・兼松セミナー

日本語