経済経営研究叢書(金融研究シリーズ)

「神戸大学金融研究叢書」は1974年に「経済経営研究叢書(金融研究シリーズ)」となりました。

刊行物に関するお問い合わせ先

神戸大学経済経営研究所 共同研究推進室
TEL:078-803-7036 FAX:078-803-7059
E-mail: kenjo@rieb.kobe-u.ac.jp


経済経営研究叢書(金融研究シリーズ)

No.8(2020年3月出版)
家森信善編著 「人生100年時代の金融リテラシーと金融サービス」

第1章 世代による金融リテラシーや金融行動の違い
-「金融リテラシーと金融トラブルや借り入れ行動についての調査」をもとに-
家森 信善
上山 仁恵
第2章 わが国高齢者の金融リテラシーと金融行動 家森 信善
上山 仁恵
柳原 光芳
第3章 シンポジウム「高齢社会の金融のあり方を考える」

【基調講演議事録】

1)家森 信善(神戸大学経済経営研究所教授)
「人生100 年時代において解決を迫られる金融問題」

2)太田原 和房(金融庁企画市場局市場課長)
「高齢社会における金融サービスの充実に向けた金融行政の取り組み」

3)有田 敬三(生活経済研究所・代表取締役 CFP®認定者)
「人生100 年時代のファイナンシャル・プランニング」

4)野村 亜紀子(野村資本市場研究所・研究部長)
「人生100 年時代の資産管理のあり方」

第4章 パネルディスカッション「人生100 年時代に求められる信頼できる金融機関と助言者」

司会:家森 信善(神戸大学経済経営研究所教授)

パネリスト(五十音順):

  阿南 雅哉(京都銀行専務取締役)
  有田 敬三(生活経済研究所・代表取締役 CFP®認定者)
  上山 仁恵(名古屋学院大学准教授 AFP認定者)
  太田原 和房(金融庁企画市場局市場課長)
  野村 亜紀子(野村資本市場研究所・研究部長)

<付録>シンポジウム配布資料

No.7(1992年2月出版)

邦銀の国際業務について:概観 藤田 正寛
井澤 秀記
都市銀行の国際化に関する実態調査結果 宮田 亘朗
井上 貴照
地方銀行の国際化に関する実態調査結果 藤田 正寛
家森 信善
相互銀行の国際化に関する実態調査結果 宮田 亘朗
井上 貴照
邦銀の国際化の現状と課題 丹羽 昇
金融国際化の意味について 石田 三樹
金融機関の国際化アンケート分析システムについて ―FUJITAシステムの構造と利用― 民野 庄造

No.6(1985年7月出版)

豪州およびニュージーランドにおける本邦企業進出の金融的側面の実態研究 藤田 正寛
生命保険会社の対豪投融資 水島 一也
アジア・ダラー・マーケットについて ―シンガポール市場を中心として― 三木谷 良一
オーストラリアにおけるマーチャント・バンクの活動とその将来 石垣 健一
オーストラリア・ニュージーランドへの本邦企業の進出に関するアンケート調査結果 藤田 正寛
丹羽 昇
井澤 秀記
オーストラリアへの本邦金融機関の進出に関するアンケート調査結果 藤田 正寛
丹羽 昇
井澤 秀記
賃金率・利潤・涸渇性資源 下村 和雄
オーストラリア自動車政策の現状 鈴木 英夫
Recent Economic Conditions and Policy Decisions Bearing on Financial Markets and Banking in Australia A. G. HENDERSON

No.5(1982年3月出版)

研究論文

預金金利規制について ―アメリカにおける経験と議論(1)― 三木谷 良一
ヴィクセル利子論の基本構造 千田 純一
ユーロ・ダラー市場に関する一研究 石垣 健一

わが国の銀行国際化に関する実態研究

本邦金融機関の国際化の実態研究 ―とくに都市銀行の国際化行動調査について― 藤田 正寛
銀行の国際化に関する実態調査報告 実態調査グループ
日本の銀行の国際化 ―主として都市銀行について― 藤田 正寛
石垣 健一
都市銀行各行の国際化に関する統計分析 藤田 正寛
丹羽 昇
銀行の国際化に関する実態調査の結果 藤田 正寛
宮田 亘朗

No.4(1976年8月出版)

国際準備政策の変遷とIMF金 ―その1― 藤田 正寛
国際通貨の需要に関する研究 宮田 亘朗

No.3(1974年3月出版)

外貨政策と最適準備 藤田 正寛
実物面と貨幣面を含む産業連関表の構想 家本 秀太郎
資金循環におけるバランスとアンバランス 石田 定夫
ニクソン政権下の金融政策 伊東 政吉
ケインズの雇用決定論 二木 雄策
シンガポール・マレーシアの外国銀行業発達略史 游 仲勲
企業の理論について 宮田 亘朗
製造業主要企業における収益性変動の分析 安居 洋
変動為替相場制の再検討:1つの改革案 保坂 直達

神戸大学金融研究叢書

No.2(1966年3月出版)

研究

定期預金に関する金融の理論と金融政策論 板倉 薫一
国際流動性におけるフローとストックの問題 松村 善太郎
国際信用乗数と国際資金循環 則武 保夫
国際資金需要と金選好 藤田 正寛
【調査報告】「銀行経営の実態調査」の結果に関する報告 矢尾 次郎
則武 保夫
藤田 正寛

覚書

短期金融と長期金融 小寺 武四郎
近代利子論生成の一齣 三上 隆三
金融機関における事務機械化より経営機械化への推移と展望 米花 稔
相互銀行の現状と問題点 田中 義一
証券市場とマネー・フロー 三木谷 良一
利子率の期間別構造についての予想理論 大野 喜久之輔
低開発国金融の基礎的問題 藤田 正寛
わが国の製造業における在庫変動と金融変動 安居 洋

No.2(1966年3月出版)

研究

定期預金に関する金融の理論と金融政策論 板倉 薫一
国際流動性におけるフローとストックの問題 松村 善太郎
国際信用乗数と国際資金循環 則武 保夫
国際資金需要と金選好 藤田 正寛
【調査報告】「銀行経営の実態調査」の結果に関する報告 矢尾 次郎
則武 保夫
藤田 正寛

覚書

短期金融と長期金融 小寺 武四郎
近代利子論生成の一齣 三上 隆三
金融機関における事務機械化より経営機械化への推移と展望 米花 稔
相互銀行の現状と問題点 田中 義一
証券市場とマネー・フロー 三木谷 良一
利子率の期間別構造についての予想理論 大野 喜久之輔
低開発国金融の基礎的問題 藤田 正寛
わが国の製造業における在庫変動と金融変動 安居 洋

No.1(1964年1月出版)

研究

国際通貨と国際流動性に関する考察 ―トリフイン案を繞って― 新庄 博
資金循環勘定の若干の問題点 ―勘定形態と分析方法について― 石田 定夫
外債市場としてのヨーロッパ 東 敏夫
Portfolio選択理論の序説的考察 三木谷 良一
西ドイツの銀行制度 ―特に資本形成との関連において― 大野 喜久之輔

覚書

いわゆる貨幣側の意味するもの ―貨幣・資金・金融資産― 矢野 次郎
国際収支と財政金融政策 ―マンデル説の理解― 岩井 茂
信用乗数と信用波及連関論 則武 保夫
預金と所得および投資資金 則武 保夫
国際通貨問題の一考察 藤田 正寛
銀行とその他金融機関という二分法について 石井 隆一郎
日本語