企業資料総合センター

センター概要

企業資料総合センターについて

企業資料総合センターは、2010年4月1日、従来の政策研究リエゾンセンターを改組して、企業資料総合センターとして発足しました。 経営分析に関する文献・資料・データを収集・整備し、これを公開利用に供すること、並びにその分析研究を行っています。 また、高度情報社会に即応した情報センター的役割を果たすために、企業情報データベースの充実をめざして行きます。

所蔵している主な資料

  • 国内企業の有価証券報告書
  • 国内企業の営業報告書
  • 主要外国企業の年次報告書
  • 企業の社史、企業者伝記
  • 会社年鑑、産業別年鑑、統計類及び経営分析資料
  • 企業の社歴調査と系譜図
  • 鐘紡資料を代表とする企業原資料

センター沿革

センター教員

附属企業資料総合センター長(経済経営研究所 教授)
Director of RIEB ICCA, Professor
西谷 公孝
NISHITANI Kimitaka
主任(経済経営研究所 教授)
Chief of RIEB ICCA, Professor
榎本 正博
ENOMOTO Masahiro
講師
Associate Professor
國本 光正
KUNIMOTO Terumasa
教育研究補佐員
Academic Research Assistant
加島 美和
KASHIMA Miwa