経営機械化展示室 (情報処理学会・分散コンピュータ博物館)

昭和16年に神戸商業大学に経営計算研究室が設置されて以来、研究所で使われてきた貴重な機器の一部を現在も残しています。

現在、経営経済研究所兼松記念館1階に経営機械化展示室を設けており、経済経営研究所創立80周年を機に公開しています。こちらでは歴史的にも貴重な機械を公開しており、機械計算室の変遷を辿る事ができます。
代表的な展示品としては、神戸商業大学経営計算研究室が技術協力した鐘淵実業製の国産初のパンチカードシステムである穿孔機、検孔機、分類機が挙げられます。現存する唯一のものであり、大変貴重なものとなっています。他にも国産化の手本となった機器、戦後の国産コンピュータなどが展示されており、日本の情報処理機器の歩みの一端が一望できる大変貴重なコレクションとなっています。

2014年3月には、情報処理学会より分散コンピュータ博物館として認定されました。