内種 岳詞 Takeshi UCHITANE

役職 特命講師
研究部門 グローバル金融
生年月 昭和59年12月
学歴 平成20年  大阪大学工学部 応用自然科学科 卒業
平成22年  大阪大学大学院 情報科学研究科 博士前期課程 修了
平成25年  大阪大学大学院 情報科学研究科 博士後期課程 修了
学位 平成25年  博士(情報科学) 大阪大学
職歴 平成22年  大手前学園大手前大学 非常勤講師
平成25年  理化学研究所計算科学研究機構 特別研究員
平成27年  近畿大学 非常勤講師
研究分野 マクロ政策分析
研究課題 計算機シミュレーションによる防災・減災のための都市機能評価

研究活動<概要>

計算機を利用することで多様なシナリオにおいて都市機能が評価可能となる.
また,多くのシナリオを比較して初めて,最善・最悪の場合,それらを未然に防ぐ方法などが議論可能となる.
しかし,想定されるシナリオの組み合わせ数は要因数の増加に伴い爆発的に増える.
すると,多数の要因が存在するとき,スーパーコンピュータをもってしても全シナリオを網羅的に評価することは難しくなる.
現実的な時間でより効果的な対策を発見するためには,実データや実験計画などを利用して評価すべきシナリオを限定する必要がある.
以上の背景より,データ,シミュレーション,分析方法の開発を統一的にかつ効率的に行うことで,大規模な都市の防災・減災に関する新たな知見を創出する.

<研究業績>

研究業績

【原著論文】
Title   Date
"実験計画法による実験数削減と有意なパラメータ探索の避難シミュレーション分析への適用" (松島裕康, 内種岳詞, 辻順平, 山下倫央, 伊藤伸泰, 野田五十樹), 人工知能学会論文誌 (Transactions of Japanese Society for Artificial Intelligence), Vol.31, No.6 pp.AG-E_1-9 2016
"因子分析による都市規模自動車交通シミュレーション結果の解釈" 計測自動制御学会 論文集 Vol. 52, No. 10, pp.545-554 2016
"A tool for parameter-space explorations" (with Y. Murase, and N. Ito) Physics Procedia, Vol.57, pp.73-76 2014
"Optimization Scheme based on Differential Equation Model for Animal Swarming" (with Atsushi Yagi) Open Journal of Optimization, pp.45-51 June 18, 2013
単一の目的関数に基づくガイド選択による多目的PSO (畠中利治と共著) 進化計算学会論文誌(Web) 進化型多目的最適化(EMO)特集号, Vol.3, pp.155-162 2012
"An ordinary differential equation model for animal swarming" (with Ta Viet Ton and Atsushi Yagi) Scientiae Mathematicae Japonicae," Vol.75, No.3, pp.339-350 December 2012

▲Return

【国際会議論文査読付き】
Title   Date
"Applying Evolutionary Design of Experiments to Sensitivity Analysis of Tsunami Evacuation Simulation" (with Chenting Zhou and Toshiharu Hatanaka) 2016 International Symposium on Nonlinear Theory and its applications, pp.538–541 2016 Nov.
"Evolutionary Design of Experiments to Analyze Ultra Large Scale Systems" 2015 International Symposium on Nonlinear Theory and its applications, pp.716–719 2015
"A Study on Multi-objective Particle Swarm Model by Personal Archives with Regular Graph" (with Toshiharu Hatanaka) Proceedings in IEEE Congress on Evolutionary Computation 2015, pp.2685 - 2690 2015
"Traffic Simulation of Kobe-city" (with Yuta Asano, Nobuyasu Ito, Hajime Inaoka, Yohsuke Murase and Tetsuo Imai) Proceeding in the International Conference on Social Modeling and Simulation, plus Econophysics Colloquium 2014, Springer, pp.255-264 2014
"Particle Swarm for Multi-objective Optimization based on Personalized Archive and Neighborhood Topology" (with Masashi Yamamoto and Toshiharu Hatanaka) Proceedings of SICE Annual Conference 2014, pp.1778-1791 2014
"Experimental Study for Multi-Objective PSO with Single Objective Guide Selection," (with Toshiharu Hatanaka) Proceedings of IEEE Congress on Evolutionary Computation, pp.2308-2313 2012
"Applying Evolution Strategies for Biped Locomotion Learning in RoboCup 3D Soccer Simulation," (with Toshiharu Hatanaka) Proceedings of IEEE Congress on Evolutionary Computation, pp.179 -185 2011
"Evolution strategies for biped locomotion learning using nonlinear oscillators," (with Toshiharu Hatanaka) SICE Annual Conference, pp.1458-1461 2010

▲Return

【その他】
Title   Date
"ロボカップ2011イスタンブール世界大会レポート" (林原靖男, 大林健, 成瀬正, 武村泰範, 河原林友美, 大金一二, 伊藤暢浩, 植村渉, 野村康郎と共著), ROBOCON Magazine, No.77 2011

▲Return

学会報告活動

【口頭発表(国際会議)】
Category Title Place Date
"Applying Evolutionary Design of Experiments to Sensitivity Analysis of Tsunami Evacuation Simulation", (with Chenting Zhou and Toshiharu Hatanaka), 2016 International Symposium on Nonlinear Theory and Its Applications ニューウェルシティ湯河原 November 29, 2016
"Factor Analysis of Vehicle Traffic Simulation on Large Scale Road Network", (with Nobuyasu Ito), 21st International Symposium on Artificial Life and Robotics 別府国際コンベンションセンター/ビーコンプラザ January 21, 2016
"Evolutionary Design of Experiments to Analyze Ultra Large Scale Systems", 2015 International Symposium on Nonlinear Theory and Its Applications City University of Hong Kong December 1, 2015
"Applying factor analysis to vehicle traffic simulation on Kobe-city", The CASSIA 3rd workshop on International workshop on complex phenomena from molecule to society 東京大学 November 2015
"OACIS - A tool for social simulation execution and its applications", The 5th AICS Symposium December 9, 2014
"A software for managing a lot of jobs and their results", Social Modeling and Simulations + Econophysics Colloquium, 5pD7 November 5, 2014
"A Study on Stochastic Animal Swarm Optimization with gradient estimation methods," (with Taro Fukutomi, Toshiharu Hatanaka and Atsushi Yagi), International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications, 2013
"Multi-objective Particle Swarm Optimization with Regular Graph Structure," (with Masashi Yamamoto and Toshiharu Hatanaka), The 44th ISCIE International Symposium on Stochastic Systems Theory and Its Applications 2012
"Guide selection methods using topology in multi-objective particle swarm optimization," (with Nobuhiko Kondo, and Toshiharu Hatanaka), Joint 4th International Conference of Soft Computing and Intelligent Systems and 9th International Symposium on advanced Intelligent Systems 2008

▲Return

【口頭発表(国内会議・シンポジウム)】
Category Title Place Date
"進化的実験計画法によって獲得されたデータの妥当性検証", 第12回進化計算学会研究会 九州大学大橋キャンパス 2017 Mar.
"Building Macroscopic Vehicle Traffic Model from Analyses of Simulation Results", International Tutorial for OACIS RIKEN AICS 2017 Mar.
"ネットワーク道路構造における自動車交通の需要と渋滞の関係考察", 第56回 システム工学部会研究会 神戸大学梅田インテリジェントラボラトリ 2017 Mar.
"RoboCupRescue Simulation における開発・実験を支援する環境の提案", (高柳和央, 鷹見竣希, 伊藤暢浩, 岩田員典, 村瀬洋介と共同発表) 社会システムと情報技術研究ウィーク 北海道 ルスツリゾートホテル 2017 Mar.
"津波避難シミュレーションの感度解析に向けた進化的実験計画法の開発", (周晨婷, 畠中利治と共同発表) SSI2016 滋賀県立体育館 2016 Dec.
"OACISによるRoboCupRescue Simulation開発実験環境について", (高柳和央, 鷹見竣希, 伊藤暢浩, 岩田員典, 村瀬洋介と共同発表) 第26回インテリジェント・システム・シンポジウム講演論文集, pp.78-81 大阪大学 2016 Oct.
"津波避難シミュレーションの感度解析に向けた進化的実験計画法の開発", (周晨婷, 畠中利治と共同発表) 第26回インテリジェント・システム・シンポジウム 講演論文集, pp.74-77 大阪大学 2016 Oct.
座長 "社会シミュレーションの現状と課題(2)", 第26回インテリジェント・システム・シンポジウム 大阪大学 2016 Oct.
座長 "社会シミュレーションの現状と課題(1)", 第26回インテリジェント・システム・シンポジウム 大阪大学 2016 Oct.
"道路ネットワーク構造とOD分布が都市自動車交通に与える影響考察", (伊藤伸泰と共同発表) 平成28年 電気学会 電子・情報・システム部門大会 神戸大学 2016 Aug.
"自動車交通シミュレーションの因子分析と分析結果の考察", (伊藤伸泰と共同発表) 第21回交通流と自己駆動粒子系のシンポジウム 名古屋大学 2015 Dec.
"都市規模自動車シミュレーションの分析", (伊藤伸泰と共同発表) 第27回電気学会電子・情報・システム部門大会 長崎大学 2015 Aug.
"進化的実験計画におけるベンチマーク問題", 第7回 コンピュテーショナル・インテリジェンス研究会 東北大学サイバーサイエンスセンター 2015 May
"都市規模のエージェントベース自動車シミュレーションとその評価方法", (伊藤伸泰と共同発表) 第2回 省エネルギー都市の設計・計画に向けたマルチエージェント・シミュレーションと全体最適化技法共同研究委員会 2015 Mar.
"多様な最適化アルゴリズムのニーズとその性能評価", 考え・動く集団への多面的アプローチ 2015 Mar.
"パーソナルアーカイブを導入した多目的PSO", (山本将司, 畠中利治と共同発表) 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会 資料集, pp. 758-759 岡山大学 2014 Nov.
"交通シミュレーションによる交通解析",第21回社会におけるAI (伊藤伸泰と共同発表) https://drive.google.com/viewerng/viewer?a=v&pid=sites&srcid=ZGVmYXVsdGRvbWF pbnxqc2Fpc2lnc2FpfGd4Ojc0YWVhYmNiNDU3Y2M1MjE 慶應義塾大学 2014 Oct.
"OACISによる進化計算の実行管理", (村瀬洋介, 伊藤伸泰と共同発表) 第6回進化計算学会研究会資料集, pp. 150-151 2014
"確率的魚群モデルに基づく関数最適化法の提案", (福富太郎,畠中利治と共同発表) 第4回 進化計算学会研究会資料集, pp. 72-78 2013
"RoboCup Soccer Simulation 3Dにおける歩行動作獲得問題へのPSOの適用," (畠中利治と共同発表) 第8回進化計算フロンティア研究会/第2回進化計算学会研究会合同研究会 2012
"多目的PSOにおけるガイド粒子の選択に関する一考察," (畠中利治, 安田大悟と共同発表) 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会(SSI) 2011
"ロボカップ3Dサッカーシミュレーションにおける歩行パラメータ調整へのPSOの適用," (畠中利治と共同発表) 第27回 ファジィシステムシンポジウム(FSS) 発表資料, pp.185-188 2011
"Particle Swarm Optimizationにおけるstagnationに関する実験的検討," (近藤伸彦, 畠中利治と共同発表) 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会(SSI) 2010
"進化的CPGを用いたヒューマノイドロボットの歩行獲得におけるパラメータ調整法の考察," (畠中利治と共同発表) 第20回インテリジェント・システム・シンポジウム(FAN) 2010
"マイクロロボットを用いた教育用教材開発 - ダンス動作生成用GUI作成-," (小下裕規, 橋本明希, 吉田廉浩, 河原林友美, 関直樹, 山西輝也, 大熊一正, 杉原 一臣, 畠中利治, 魚崎勝司と共同発表) 平成22年度電気関係学会北陸支部連合大会 2010
"マイクロロボットを用いた教育用教材開発 ‐サッカーチャレンジシステムの作成‐," (河原林友美, 吉田廉浩, 橋本明希, 関直樹, 山西輝也, 大熊一正, 杉原一臣, 畠中 利治, 魚崎勝司と共同発表) 平成22年度電気関係学会北陸支部連合大会 2010
"Mixed Realistic Soccer Agent を活用したプログラミング実習授業に向けて," (関直樹, 山西輝也, 大熊一正, 杉原一臣, 魚崎勝司, 吉田康浩, 橋本明希, 河原林友美, 畠中利治と共同発表) 情報処理学会第72回全国大会 2010
"進化型CPGを用いたRoboCupヒューマノイドの歩行生成における評価関数に関する考察," (畠中利治と共同発表) 第19回 インテリジェント・システム・シンポジウム(FAN) 2009
"進化型CPGを用いたヒューマノイドエージェントの歩行動作獲得," (畠中利治と共同発表) 情報処理学会第71回全国大会 2009
"歩幅更新規範を導入した進化的CPGにおける歩行動作獲得," (松本裕一, 畠中利治と共同発表) 第18回 インテリジェント・システム・シンポジウム(FAN) 2008
"トポロジーを考慮したガイド選択による多目的PSO," (近藤伸彦, 畠中利治と共同発表) 第24回 ファジィシステムシンポジウム(FSS) 2008

▲Return

【ポスター発表(国内会議・シンポジウム)】
Category Title Place Date
"道路ネットワーク構造とOD分布が都市自動車交通に与える影響考察" (既発表内容の再発表), 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2016 講演論文集, pp. 564-566 2016 Dec.
"津波避難シミュレーションの感度解析に向けた進化的実験計画法の開発" (既発表内容の再発表), (周晨婷, 畠中利治と共同発表) 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2016 講演論文集, pp. 53-56 2016 Dec.
"進化的手法による実験計画獲得法の考察", (周晨婷, 畠中利治と共同発表) 第11回進化計算学会研究会 2016 Sep.
"避難シミュレーションへの進化計算適用結果の分析", (山下倫央, 辻順平, 松島裕康, 野田五十樹, 伊藤伸泰と共同発表) 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会 2015
"OACIS: 大規模問題における進化計算の実行管理", (村瀬洋介, 伊藤伸泰と共同発表) 計測自動制御学会 システム・情報部門 学術講演会 資料集, pp. 761 2014
"多目的PSOにおける粒子のネットワークに関する考察," (山本将司, 畠中利治と共同発表) 第8回進化計算フロンティア研究会/第2回進化計算学会研究会 合同研究会 2012
"多目的PSOにおける広範なパレート面探索を考慮したガイド選択," (畠中利治と共同発表) 進化計算シンポジウム 2011
"ヒューマノイドロボットの歩行獲得における歩行制御パラメータの調整に関する考察," (畠中利治と共同発表) 第6回進化計算フロンティア研究会(SIG-ECF) 2011
"ヒューマノイドロボットの歩行獲得問題へのCMA-ESの適用," (畠中利治と共同発表) 進化計算シンポジウム 2010
"ヒューマノイドロボットの歩行動作獲得のための進化戦略に関する検討," (畠中利治と共同発表) 第5回進化計算フロンティア研究会(SIG-ECF) 2010
"進化計算を用いたヒューマノイドロボットの歩行動作の獲得のためのパラメータ調整," (畠中利治と共同発表) 第4回進化計算フロンティア研究会(SIG-ECF) 2010
"進化計算を用いたヒューマノイドロボットの歩行動作の獲得のためのパラメータ調整" (畠中利治と共同発表) 第3回進化計算フロンティア研究会(SIG-ECF) 2009

▲Return

【招待講演】
Category Title Place Date
"大規模社会シミュレーションの実践―シミュレーション実行管理フレームワークと実験計画―", 「数理的発想とその実践」研究部会 第7回研究集会 福井工業大学 2016 July
"創発システムの理解へ向けたシミュレーション技術の高度化", 第21回創発システム・シンポジウム 諏訪東京理科大学 2015 Aug.

▲Return

社会活動

所属学会
IEEE Computational Intelligent Society (member) and Intelligent Transportation System Society (member)
計測自動制御学会 (正会員)
日本知能情報ファジィ学会 (正会員)
進化計算学会 (一般会員)
電気学会 (正員)
その他
電気学会 電子・情報・システム部門 システム技術委員会 調査専門委員会・共同研究委員会 都市マルチエージェント・シミュレーション統合手法検討協同研究委員会 委員長

▲Return

研究助成金

H27年度 -- H28年度 科研費 若手研究(B) 「進化計算を応用した実験計画法の体系化」 15K17502

▲Return

教育活動

年度 講義・演習 大学院・学部
H22年度 情報活用100SP・100AU担当 大手前大学・初年次共通教育
H23年度 情報活用Ⅰ・Ⅱ担当 大手前大学・初年次共通教育
H27年度 情報処理実習Ⅰ 近畿大学・理工学部
H28年度 情報処理実習Ⅰ 近畿大学・理工学部
H29年度 情報処理実習Ⅰ 近畿大学・理工学部

▲Return

受賞歴

  • 平成28年 電子・情報・システム部門 技術委員会奨励賞 "「大規模交通シミュレーション結果にもとづく交通予測モデルの構築」による研究会活性化への貢献"
  • 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会 2015 SSI研究奨励賞 "避難シミュレーションへの進化計算適用結果の分析", 注:国内会議ポスター発表 (山下倫央, 辻順平, 松島裕康, 野田五十樹, 伊藤伸泰と共同発表)

▲Return