柴本 昌彦 Masahiko SHIBAMOTO

役職 准教授
研究部門 グローバル金融
学歴 平成15年3月 大阪大学経済学部経済経営学科卒業
平成15年4月 大阪大学大学院経済学研究科政策ビジネス専攻修士課程入学
平成17年3月 大阪大学大学院経済学研究科政策ビジネス専攻修士課程修了
平成17年4月 大阪大学経済学研究科経済学専攻博士課程入学
平成19年9月 大阪大学経済学研究科経済学専攻博士課程修了
学位 平成19年9月 博士(経済学)大阪大学
職歴 平成19年4月~平成19年6月 日本学術振興会 特別研究員(DC2)
平成22年7月~平成24年6月 カリフォルニア大学サンディエゴ校 客員研究員
研究分野 国際金融政策
研究課題 マクロ経済政策効果及び政策対応に関する実証研究

研究活動<概要>

 マクロ時系列データに対して計量経済学及び時系列分析手法を適用することで、日本の景気変動及び金融・財政政策に関する実証分析を行うことが研究テーマである。これまでにもこのようなテーマで分析されている研究は数多く存在するが、本研究では、先行研究では軽視されてきたいくつかの計量経済学的な問題にも注目し、それらを軽視することが経済の現状を誤って把握することになる可能性を指摘し、マクロ時系列データに対してより洗練された計量経済学及び時系列分析手法を適用した実証研究を行っている。

  1. 日本の景気変動
     日本の物価と生産の変動要因を需要サイド(短期的要因)と供給サイド(長期的要因)に分けた定式化の下での実証分析を行い、それらの二つの要因が相関し合っていたことが90年代以降の物価と生産の変動要因において重要な役割を果たしていたことを明らかにした。また、日本の県別所得に関して共通要因と県別要因を分けた動学過程を定式化し、実証分析を行い、所得収束仮説(income convergence hypothesis)や国内景気変動に関する議論の整理を試みている。
  2. 金融政策
     金融政策を分析する際、非常に多くの経済変数を考慮に入れることで、計量経済学的な問題点を克服し、かつ90年代における日銀の金融政策の様々な種類の経済変数に対する影響を分析した。また、産業別物価や個別企業株価収益率への金融政策波及効果の分析も行っている。また、金融政策の評価を行う際にはマクロ経済モデル(例えば、「New Keynesian Model」)における構造パラメータの識別が必要不可欠であるが、それらの実証研究は数少なく、さらにその実証研究にも計量経済学的な問題があるとの指摘もある。それらの問題を克服して推定した構造パラメータを推計している。
  3. 財政政策
     90年代、日本の財政当局は拡張的な財政政策が景気を回復させるとの信念の下、大幅な歳出増を繰り返してきたにもかかわらず、90年代から現在にかけて景気低迷を続けている。この事実に対して、拡張的な財政政策が不足していたという意見や財政政策効果は限定的であったという意見がありコンセンサスは得られていない。さらには、拡張的な財政政策が税の平準化からの歪みを通じてむしろ景気に対してマイナスの効果を持つ可能性を指摘する意見もある。これらの議論に関連して、主に90年代における財政政策の有効性を評価し、そして財政政策効果の波及メカニズムを明らかにするための実証研究を行っている。

<研究業績>

【分担執筆】
 
Title   Date
「先進国金融政策の国際的波及-国際資金フローに対するグローバル・スピルオーバー効果-」 藤田誠一・松林洋一・北野重人編『グローバル・マネーフローの実証分析』 ミネルヴァ書房 第6章 2014年4月
「為替レートと経常収支:調整メカニズムの構造変化」 (北野重人と共著) 藤田誠一・岩壷健太郎編『グローバル・インバランスの経済分析』 有斐閣 第4章 2010年10月

▲Return

【論文】
Title   Date
"Source of Underestimation of the Monetary Policy Effect: Re-examination of the Policy Effectiveness in Japan's 1990s" The Manchester School, Vol.84 Issue 6, 795-810 December 2016
「弱識別に頑健な統計量を用いた日本における消費資産価格モデルの再検討」 国民経済雑誌 第214巻第3号 2016年9月
"Understanding Regional Growth Dynamics in JAPAN: Panel Cointegration Approach Utilizing The PANIC Method" (with Yoshiro Tsutsui and Chisako Yamane), Journal of the Japanese and International Economies, Vol.40, 17-30 June 2016
"Individual Stock Returns and Monetary Policy: Evidence from Japanese Data" (with Minoru Tachibana), Japanese Economic Review, Vol.65 Issue 3, 375-396 September 2014
"Exchange Rate Adjustment, Monetary Policy and Fiscal Stimulus in Japan's Escape from the Great Depression" (with Masato Shizume), Explorations in Economic History, Vol.53 No.1, 1-18 July 2014
"Note on the Interpretation of the Convergence Speed in the Dynamic Panel Model" (with Yoshiro Tsutsui), Applied Economics Letters, Vol.21 No.8, 533-535 June 2014
「金融政策の実証分析に関する覚書」 国民経済雑誌 第206巻第6号 2012年12月
"Structural Change in Current Account and Real Exchange Rate Dynamics: Evidence from the G7 Countries" (with Shigeto Kitano), Pacific Economic Review, Vol.15 No.5, 619–634 December 2012
「日本の非伝統的金融政策ショックの識別と長短金利差への影響」 国民経済雑誌 第205巻第2号 2012年2月
「品目別物価指数の特性と相対価格への波及効果:近年の研究動向及び日本のデータを用いた実証研究」 国民経済雑誌 第200巻第4号 2009年10月
"The Estimation of Monetary Policy Reaction Function in a Data-Rich Environment:the Case of Japan" Japan and the World Economy, Vol.20 Issue 4, 497–520 December 2008
"An Analysis of Monetary Policy Shocks in Japan:a Factor Augmented Vector Autoregressive Approach" Japanese Economic Review, Vol.58 No.4, 484–503 December 2007

▲Return

【未掲載論文】
Title   Date
"Empirical Assessment of the Impact of Monetary Policy Communication on the Financial Market" RIEB Discussion Paper Series No.DP2016-19, Kobe University April 2016
"Cross-Country Evidence on Determinants of Fiscal Policy Effectiveness –The Role of Capital Flows and a Country's International Trade and Financial Position" (with Agata WIERZBOWSKA), RIEB Discussion Paper Series No.DP2015-08, Kobe University February 2015 (Revised March 2015)
"Macroeconomic Policy with Financial Market Stability: A Case Study of the Early 19th Century in Japan" (with Yasuo TAKATSUKI), RIEB Discussion Paper Series No.DP2014-16, Kobe University March 2014
"The Effect of Unconventional Monetary Policy on the Macro Economy: Evidence from Japan's Quantitative Easing Policy Period" (with Minoru TACHIBANA), RIEB Discussion Paper Series No.DP2013-12, Kobe University April 2013
"The Estimation of the New Keynesian Phillips Curve in Japan and Its Implication for the Inflation Response to a Monetary Policy Shock" RIEB Discussion Paper Series No.235, Kobe University January 2009
「日本の経常収支と金融政策:為替パス・スルー低下の影響について」 (北野重人と共著)神戸大学経済経営研究所ディスカッションペーパー No.J100 2008年12月
"Understanding Output and Price Dynamics in Japan: Why Have Japan's Price Movements Been Relatively Stable Since the 1990s?" (with Ryuzo Miyao), RIEB Discussion Paper Series No.219, Kobe University March 2008
"Efficacy of Fiscal Policy in Japan: Keynesian and Non-Keynesian Effects on Aggregate Demand" (with Yusuke Kinari), RIEB Discussion Paper Series No.212, Kobe University December 2007

▲Return

学会報告活動

       
Category Title Place Date
発表 "Identifying Unconventional Monetary Policy Shocks" マクロ・金融ワークショップ 一橋大学 2017年1月24日
発表 「江戸時代経済に関するマクロ時系列分析」 RoMacS Workshop 2016『家計の子ども数選択と経済の出生率決定に関する研究』 広島大学 2016年12月2日
発表 "Monetary Policy under a Low Interest Rate: Japan's Experience" Financial and real interdependencies volatility, inequalities and economic policies Marseille 2016年11月22日
発表 "Identifying Unconventional Monetary Policy Shocks" 日本金融学会2016年度秋季大会 早稲田大学 2016年9月10日
発表 "Empirical Assessment of the Impact of Monetary Policy Communication on Financial Market" 神戸大学金融研究会 神戸大学 2015年12月9日
発表 "Empirical Assessment of the Impact of Monetary Policy Communication on Financial Market", 2015 Kobe-Peking Joint Conference on Economics Peking University 2015年12月4日
ディスカッサント "Implicit Coodination of Interest Rate, Money, and Government Spending for GDP (Inbong Ha, Mikyung Bae, Younghwan Lee)" 日本金融学会2015年度秋季大会 東北大学 2015年10月24日
発表 "Market-Perceived Monetary Policy Surprises and the Expectation Channel" マクロ・金融ワークショップ 高知大学 2015年9月19日
ディスカッサント "Bank Lending Channel of Real Estate Prices (Kaoru Hosono, Makoto Hazama, Iichiro Uesugi)" 地域金融コンファランス 関西外国語大学 2015年8月25日
ディスカッサント "Delphic vs. Odyssean Monetary Policy and the Price Puzzle (Gabriela Best, Pavel Kapinos)" Western Economic Association International 90th Annual Conference Hilton Hawaiian Village Waikiki 2015年7月1日
ディスカッサント "Impact of Exchange Rate Shocks on Japanese Exports: Quantitative Assessment using the Structural VAR model(中田勇人、祝迫得夫)" 日本経済学会2015年度春季大会 新潟大学 2015年5月24日
発表 "Japanese Monetary Policy Tackling the Financial Crisis" RIEBセミナー(金融システム研究部会共催) 神戸大学 2015年4月16日
発表 "Market-Perceived Monetary Policy Surprise", Monetary Economic Workshop 神戸大学 2015年2月21日
発表

"Measuring the Effect of Monetary Policy from Financial Market Reaction" 

経済学部研究会

札幌学院大学 2015年2月4日
発表 "Communication with Market Participants for Macroeconomic Policy: Empirical Assessment using Data in Early Modern Japan" 金融研究所セミナー 日本銀行 2015年1月26日
発表 "Empirical Assessment of the Impact of Monetary Policy Communication on Financial Market", Western Economic Association International 11th International Conference The Museum of New Zealand Te Papa Tongarewa 2015年1月11日
発表 "Decomposing the Effect of Monetary Policy in a Low Interest Rate Environment" IISSワークショップ/RIEB政策研究ワークショップ「マクロ財政・金融政策効果の実証的評価」(神戸大学社会科学系教育研究府/神戸大学経済経営研究所主催、科研基盤研究(A)「デフレ・円高・財政危機:バブル経済の後遺症に関する包括的理論・実証分析と政策対応」/神戸大学金融研究会/RIEBセミナー共催) 神戸大学 2014年10月25日
発表 "Accounting for Unemployment and Inflation Dynamics Using Time Varying NAIRU Concept " 神戸大学金融研究会(六甲フォーラム / 科学研究費補助金(基盤研究(A))「デフレ・円高・財政危機:バブル経済の後遺症に関する包括的理論・実証分析と政策対応」/「DSGEの集い」共催) 神戸大学 2014年10月24日
ディスカッサント "Dynamic Analyses for Vector Asset Bubble Trend of Accumulated Co-integration Errors: Fundamental Projection Approach (Yun-Yeong KIM)" 日本金融学会2014年度秋季大会 山口大学 2014年10月18日
ディスカッサント "Real Effects of the End of Bank-borrower Relationships: Evidence from a Loan-level Data(中島清貴、高橋耕史)" 日本経済学会2014年度秋季大会 西南学院大学 2014年10月11日
発表 "Cross-Country Evidence on Determinants of Fiscal Policy Effectiveness - The Role of Capital Flows and Country's International Trade and Financial Position" 第11回 Modern Monetary Economics Summer Institute(RIEBセミナー共催)(Agata WIERZBOWSKAと共同発表) 神戸大学 2014年9月4日
ディスカッサント "Exogenous Shocks, Macroeconomic Fluctuations and Monetary Policy - An Empirical Analysis of Japanese Economy(王 芮)" 第11回 Modern Monetary Economics Summer Institute(RIEBセミナー共催) 神戸大学 2014年9月4日
発表 "Macroeconomic Policy with Financial Market Stability: The Case of Japan's Early 19th Century" 日本経済学会2014年度春季大会(高槻泰郎と共同発表) 同志社大学 2014年6月14日
発表 "How Did Takahashi Korekiyo Rescue Japan from the Great Depression?" 日本経済学会2014年度春季大会(鎮目雅人と共同発表) 同志社大学 2014年6月14日
発表 "How Did Takahashi Korekiyo Rescue Japan from the Great Depression?" 日本金融学会2014年度春季大会(鎮目雅人と共同発表) 慶應義塾大学 2014年5月24日
ディスカッサント "The Effects of Surprise and Anticipated Technology Changes on International Relative Prices and Trade (Deokwoo NAM)", The 2nd Hanyang-Kobe-Nanyang Conference in Economics 神戸大学 2014年5月10日
発表 "Macroeconomic Policy with Financial Market Stability: The Case of Japan's Early 19th Century" TEA会(2014年度春期研究会)(高槻泰郎と共同発表) 神戸大学農学研究科 2014年3月28日
発表 "Macroeconomic Policy with Financial Market Stability: The Case of Japan's Early 19th Century" 神戸大学金融研究会(科学研究費補助金(基盤研究(A))「デフレ・円高・財政危機:バブル経済の後遺症に関する包括的理論・実証分析と政策対応」共催)(高槻泰郎と共同発表) 神戸大学 2014年2月1日
発表 "How Did Takahashi Korekiyo Rescue Japan from the Great Depression?" 神戸大学金融研究会(科学研究費補助金(基盤研究(A))「デフレ・円高・財政危機:バブル経済の後遺症に関する包括的理論・実証分析と政策対応」共催)(鎮目雅人と共同発表) 神戸大学 2014年2月1日
コンファレンス報告 "An Empirical Assessment of the Impact of Monetary Policy Communication on Financial Markets", RIEB Conference on Economic Analysis and the Chinese Economy: In Celebration of the Agreement on Academic Exchange between the School of Economics, Peking University and the Research Institute for Economics and Business Administration, Kobe University 神戸大学 2013年10月25日
ディスカッサント "The Effects of Commodity Price Shocks and Systematic Monetary Policy in Developed Countries(関根篤史)" 日本金融学会2013年度秋季大会 名古屋大学 2013年9月21日
コンファレンス報告 「金融仲介機関は取引企業の倒産リスクにどう影響を及ぼすか?」第7回地域金融コンファランス 神戸大学梅田インテリジェントラボラトリ 2013年9月3日
ディスカッサント "Unconventional Monetary Policy and Exchange Rates(細野薫)" 第7回地域金融コンファランス 神戸大学梅田インテリジェントラボラトリ 2013年9月2日
発表 "The Impacts of Monetary Policy Decisions and Communication on Financial Markets in a Low Interest Rate Environment", Asia-Pacific Economic Association 9th Annual Conference 大阪大学 2013年7月28日
発表 "The Impacts of Monetary Policy Decisions and Communication on Financial Markets in a Low Interest Rate Environment", The 1st Hanyang-Kobe-Nanyang Conference in Economics Hanyang University, Seoul 2013年6月14日
発表 「非伝統的金融政策に関する実証研究と論点整理」神戸大学金融研究会 神戸大学 2013年4月20日
発表 「マクロ時系列分析-金融政策に関する実証研究の紹介-」神戸大学金融研究会 神戸大学 2012年12月18日
発表 「マクロ実証分析における一般化モーメント法(GMM)の活用」神戸大学金融研究会 神戸大学 2012年12月11日
ディスカッサント "Global house price fluctuations: synchronization and determinants(平田英明)" 第14回マクロコンファレンス ホテル阪急エキスポパーク 2012年12月8日
ディスカッサント 「長期金利の変動要因:主要国のパネル分析と日米の 要因分解(一上響)」神戸大学金融研究会(RIEBワークショップ・神戸大学社会科学系教育研究府共催) 神戸大学 2012年11月17日
発表 "The Impacts of Monetary Policy Decisions and Communication on Financial Markets in a Low Interest Rate Environment: Evidence from Japan", Macroeconomics Workshop 東京大学 2012年10月25日
発表 "The Impact of the BOJ Monetary Policy Communication on Financial Markets" 第9回 Modern Monetary Economics Summer Institute (MME SI) in Kobe 神戸大学 2012年9月6日
発表 "The Impact of the BOJ Monetary Policy Decisions and Communication on the Financial Market", Monetary Economics Workshop 大阪大学 2012年7月28日
発表 "The Impact of the BOJ Monetary Policy Decisions and Communication on the Financial Market" マクロ・金融ワークショップ 一橋大学経済研究所 2012年7月17日
発表 "How Did Takahashi Korekiyo Rescue Japan from the Great Depression?" (with Masato Shizume), Economic History Association 71st Annual Meeting Boston, Massachusetts 2011年9月10日
発表 "The Effects of Quantitative Easing Policy in Japan: The Role of Stock Price" 六甲フォーラム 神戸大学 2011年6月7日
発表 「両大戦間期日本のマクロ経済政策の効果について:インフレ予想を含むVARによる推計」日本銀行金融研究所セミナー 日本銀行金融研究所 2010年6月25日
発表 "Individual Stock Returns and Monetary Policy: Evidence from Japanese Data" 日本金融学会2009年度秋季大会 香川大学 2009年11月7日
発表 "Understanding Regional Growth Dynamics in JAPAN: Panel Cointegration Approach Utilizing The PANIC Method"(筒井義郎、山根智沙子と共同発表)日本経済学会2009年度秋季大会 専修大学 2009年10月11日
発表 "Understanding Regional Growth Dynamics in JAPAN: Panel Cointegration Approach Utilizing The PANIC Method"(筒井義郎、山根智沙子と共同発表)第3回地域金融コンファランス 大阪大学 2009年8月27日
発表 "The Estimation of the New Keynesian Phillips Curve in Japan and Its Implication for the Inflation Response to a Monetary Policy Shock" 日本金融学会2009年度春季大会 東京大学 2009年5月16日
発表 "The Estimation of the New Keynesian Phillips Curve in Japan and Its Implication for the Inflation Response to a Monetary Policy Shock" 日本銀行金融研究所セミナー 日本銀行金融研究所 2009年3月10日
発表 "Understanding Regional Growth Dynamics in Japan: Nonstationary Panel Data Approach" マクロ・金融カンファレンス 宮崎産業経営大学 2009年3月3日
発表 "Understanding Output and Price Dynamics in Japan: Why Have Japan's Price Movements Been Relatively Stable Since the 1990s?" 金融研究会/マクロ・金融ワークショップ(共催)「合同研究会」 一橋大学 2008年11月27日
発表 "The Estimation of the New Keynesian Phillips Curve in Japan and Its Implication for the Inflation Response to a Monetary Policy Shock" Monetary Economic Workshop 大阪大学 2008年9月27日
発表 "Understanding Output and Price Dynamics in Japan: Why Have Japan's Price Movements Been Relatively Stable Since the 1990s?" 第6回 Modern Monetary Economics Summer Institute 神戸大学 2008年9月3日
発表 "The Estimation of the New Keynesian Phillips Curve in Japan and Its Implication for the Inflation Response to a Monetary Policy Shock" 六甲フォーラム 神戸大学 2008年5月13日
ディスカッサント "Land Prices and Fundamentals (NAKAMURA Koji, SAITA Yumi)" 第9回マクロコンファレンス 慶應義塾大学 2007年12月1日
発表 "Efficacy of Fiscal Policy in Japan: Keynesian and Non-Keynesian Effects on Aggregate Demand" 日本金融学会2007年秋季大会 同志社大学 2007年9月8日
ディスカッサント "Interbank Market, Stock Market, and Bank Performance in East Asia (INOGUCHI Masahiro)" Modern Monetary Economics Summer Institute 神戸大学 2007年8月25日
発表 "Testing for Convergence Hypotheses in Japan: A Nonstationary Panel Approach" Monetary Economic Workshop 大阪大学 2007年6月23日
発表 "Efficacy of Fiscal Policy in Japan: Evidence of Keynesian and Non-Keynesian Effects on Aggregate Demand" 兼松フェローシップセミナー 神戸大学 2007年5月31日
コンファレンス報告 "Efficacy of Fiscal Policy in Japan: Evidence of Keynesian and Non-Keynesian Effects on Aggregate Demand" 応用計量経済学コンファレンス 大阪大学 2007年2月20日
学会報告 "The Estimation of Monetary Policy Reaction Function in a Data-rich Environment:The Case of Japan" 日本経済学会2006年秋季大会 大阪市立大学 2006年10月21日
セミナー報告 "The Estimation of Monetary Policy Reaction Function in a Data-rich Environment:The Case of Japan" RIEBセミナー 神戸大学 2006年10月11日
セミナー報告 "The Estimation of Monetary Policy Reaction Function in a Data-rich Environment:The Case of Japan" 理論・計量経済学セミナー 大阪府立大学 2006年10月5日
セミナー報告 "The Estimation of Monetary Policy Reaction Function in a Data-rich Environment:The Case of Japan" マクロ経済学研究会(COE行動経済学研究会共催) 大阪大学 2006年6月23日

▲Return

社会活動

所属学会
American Economic Association
Western Economic Association International
日本経済学会
日本金融学会
学術専門誌レフェリー
Journal of the Japanese and International Economies (2)
Japanese Economic Review
Asian Economic Journal
Review of Development Economics
Asian Financial Pacific Markets
Japan and the World Economy
Macroeconomic Dynamics
その他
日本経済学会2014年度春期大会プログラム委員
財務省財務統合政策研究所 財務経済理論研修指導担当教官

▲Return

研究助成金

         
2016年度 公益財団法人野村財団 国際交流助成「「長期停滞論」に関する実証的検討:国際データを用いたマクロ時系列分析」
2015~2019年度 科学研究費補助金:基盤研究(S)「包括的な金融・財政政策のリスクマネジメント:理論・実証・シュミレーション」(研究分担者)
2013~2017年度 科学研究費補助金:基盤研究(B)「江戸幕府の金融政策―歴史資料と時系列データに基づく理論的・実証的分析―」(研究分担者)
2013~2016年度 科学研究費補助金:若手研究(B)「低金利下における日本の金融政策に関する実証分析:資産価格を通じた波及効果の検証」(研究代表者)
2012年度 公益財団法人石井記念証券研究振興財団 研究助成金「低金利下における中央銀行の情報発信が証券金融市場に与える影響」
2012~2014年度 科学研究費補助金:基盤研究(A)「デフレ・円高・財政危機・バブル経済の後遺症に関する包括的理論・実証分析と政策対応」(研究分担者)
2011~2013年度 科学研究費補助金:基礎研究 (B)「グローバル・インバランスは政策的に制御可能か」(研究分担者)
2011年度 全国銀行学術研究振興財団「量的緩和政策の検証:イベント・スタディーと時系列分析を組み合わせたアプローチ」(研究分担者)
2009~2011年度 科学研究費補助金:基礎研究 (A)「グローバル経済におけるバブルと金融危機に関する研究:理論と実証」(研究分担者)
2008~2011年度 科学研究費補助金:若手研究 (B)「金融政策が物価に及ぼす影響:日本の品目別消費者物価及び企業物価を用いた実証分析」(研究代表者)
2008~2009年度 全国銀行学術研究振興財団助成金「金融政策が株式市場に及ぼす影響:日本の個別企業株価データを用いた実証分析」(研究代表者)
2007年度 科学研究費補助金:特別研究員奨励費「計量経済学及び時系列分析を用いた金融政策に関する実証分析及びモデルの整合性の検証」(研究代表者)

▲Return

教育活動

年度 講義・演習 大学院・学部
2015年度 特殊研究
応用時系列分析
神戸大学経済学部・大学院経済学研究科
神戸大学経済学部・大学院経済学研究科

▲Return

受賞歴

  • 神戸大学経済経営研究所 平成18年度兼松フェローシップ入賞 平成19年5月
    (論文 "Efficacy of Fiscal Policy in Japan: Evidence of Keynesian and Non-Keynesian Effects on Aggregate Demand" に対し)

▲Return