西谷 公孝 Kimitaka NISHITANI

役職 教授
研究部門 企業競争力
学歴 平成14年  南クイーンズランド大学経営大学院MBA課程修了
平成18年  神戸大学大学院経営学研究科博士課程前期課程修了
平成21年  神戸大学大学院経営学研究科博士課程後期課程修了
学位 平成14年  MBA(環境経営学)南クイーンズランド大学
平成18年  修士(経営学)神戸大学
平成21年  博士(経営学)神戸大学
職歴 平成21年    広島大学大学院国際協力研究科特任助教(~平成24年3月)
平成24年 4月  神戸大学経済経営研究所准教授
平成27年 3月  ロンドン大学ロイヤルホロウェイ校経営大学院客員研究員(~平成28年2月)
平成28年 2月  神戸大学経済経営研究所教授
研究分野 国際経営
研究課題 (1)企業の環境への自主的取り組みと環境パフォーマンス、もしくはそれらが経済的業績に与える影響についての理論的・実証的分析
(2)統合報告に向けた社会環境情報開示の現状分析
(3)グリーン・サプライチェーン・マネジメントの規定要因や効果に関する分析
(4)日本企業のコーポレート・ガバナンスとワーク・ライフ・バランス施策、ポジティブ・アクション施策との関係、またそれらが人的資源(特に女性労働者)の活用に与える影響についての実証分析

研究活動<概要>

1990年代後半以降、社会の環境への意識が高まると同時に、企業も環境を考慮した経営を行わざるを得なくなってきた。これまで、こうした環境への取り組み(環境経営)はコスト要因と考えられてきたものの、近年、先進的な企業を中心にビジネスチャンスと捉えて積極的に取り組んでいる企業が増えている。こうした企業の自主的な環境への取り組みと経済パフォーマンスに正の関係があるならば社会的にも望ましい。従って、日本企業による自主的な環境への取り組みがその環境パフォーマンス(温室効果ガス、化学物質排出削減等)や経済パフォーマンスに与える影響を理論的・実証的に分析した。また、環境への取り組みが経済パフォーマンスを向上させるためには、需要増加がもたらす売上高増加および生産性向上がもたらすコスト削減の2つの経路があり、特に前者に関しては、環境への取り組みが直接影響するのではなく何らかの開示された環境情報を通して影響すると考えられるため、日本企業の環境への取り組みと経済パフォーマンスの関係だけでなく環境情報開示がその関係にもたらす役割も明らかにしている。さらには、そうした取り組みは一企業だけのものからサプライチェーン全体を考慮したものに焦点が移りつつあるため、グリーン・サプライチェーン・マネジメント(GSCM)についても分析を行っている。具体的には、環境への取り組みや環境情報開示が経済パフォーマンスに与える影響を実証分析した。また、企業のGSCM、特に低炭素型サプライチェーン・マネジメントの実務に関する調査・分析を行った。それらに加え、近年では、環境だけに焦点を当てた環境経営だけでなく、環境、社会、ガバナンスに焦点を当てたESG経営を行う企業が増えているために、企業での女性の活躍やコーポレート・ガバナンスに焦点を当てた実証分析も行った。

<研究業績>

研究業績

【分担執筆】
Title Publishing Date
「コーポレート・ガバナンスと女性の活躍」 (川口章との共著)経団連出版編『企業力を高める:女性の活躍推進と働き方改革』経団連出版, 59-69頁(川口・西谷(2011)を加筆修正) 2014年

▲Return

【論文】
Title   Date
"Does corporate environmental performance enhance financial performance? An empirical study of Indonesian firms" (coauthored with Jannah, N., Kaneko, S. and Hardinsyah) Sustainable Development 23, pp.10-21 2017
「ステイクホルダー理論の視点から見た統合報告書発行の規定要因」 (國部克彦との共著)『国民経済雑誌』第214巻第5号, 1-15頁 2016年
"Product innovation in response to environmental standards and competitive advantage: A hedonic analysis of refrigerators in the Japanese retail market" (coauthored with Itoh, M.) Journal of Cleaner Production 113, pp.873-883 2016
"Does low-carbon supply chain management reduce greenhouse gas emissions more effectively than existing environmental initiatives? An empirical analysis of Japanese manufacturing firms" (coauthored with Kokubu, K. and Kajiwara, T.) Journal of Management Control 27 (1), pp.33-60 2016
「カーボンSBSCフレームワークの構築とその有効性の検証」 (岡照二との共著)『社会関連会計研究』第27号, 1-15頁 2015年
「環境経営時代における環境政策と企業行動の関係に関する研究」 (金子慎治・藤井秀道・小松悟との共著)『環境経済・政策研究』第8巻第1号, 61-73頁 2015年
「オランダのフードバレー」 (伊藤宗彦・松本陽一・渡邉紗理菜との共著) 『一橋ビジネスレビュー』第62巻第3号, 64-79頁 2014年
"How does a firm's management of greenhouse gas emissions influence its economic performance? Analyzing effects through demand and productivity in Japanese manufacturing firms" (coauthored with Kaneko, S., Komatsu, S. and Fujii, H.) Journal of Productivity Analysis 42 (3), pp.355-366 2014
「環境情報開示と信頼性:第三者保証・意見添付と株主価値の関係分析」 (モハマッド・ブドゥルル・ハイダ-・國部克彦との共著)『国民経済雑誌』第210巻第1号, 69-85頁 2014年
「社会・環境パフォーマンスと記述的表現の関係性:社会環境報告書の分析を通して」 (中尾悠利子・國部克彦との共著)『會計』第185巻第6 号, 68-81頁 2014年
「企業の環境への取り組みやその情報開示が株主価値に与える影響」 『環境経済・政策研究』第7巻第1号, 10-22頁 2014年
「日本企業の欧州でのサプライチェーン・マネジメント:空調機企業の事例」  (伊藤宗彦・渡邉紗理菜との共著)『国民経済雑誌』第208巻第3号, 61-75頁 2013年
"Factors influencing corporate environmental protection activities for greenhouse gas emission reductions: The relationship between environmental and financial performance" (coauthored with Hatakeda, T., Kokubu, K. and Kajiwara, T.) Environmental and Resource Economics 53 (4), pp.455-481 2012
"Why does the reduction of greenhouse gas emissions enhance firm value? The case of Japanese manufacturing firms" (coauthored with Kokubu, K.) Business Strategy and the Environment 21 (8), pp.517-529 2012
"Corporate governance and the role of women" (coauthored with Kawaguchi, A.) The Japanese Economy 39 (2), pp.49-86 2012
"Are firms' voluntary environmental management activities beneficial for the environment and business? An empirical study focusing on Japanese manufacturing firms" (coauthored with Kaneko, S., Fujii, H. and Komatsu, S.) Journal of Environmental Management 105, pp.121-130 2012
「日本企業の環境情報開示:ステイクホルダーの影響と情報ニーズ」 (國部克彦・篠原阿紀・北田皓嗣との共著)『産業経理』第71巻第4号, 51-61頁 2012年
"Effects of the reduction of pollution emissions on the economic performance of firms: An empirical analysis focusing on demand and productivity" (coauthored with Kaneko, S., Fujii, H. and Komatsu, S.) Journal of Cleaner Production 19 (17-18), pp.1956-1964 2011
「コーポレート・ガバナンスと女性の活躍」 (川口章との共著)『日本経済研究』第65号, 65-93頁 2011年
"An empirical analysis of the effects on firms' economic performance of implementing environmental management systems" Environmental and Resource Economics 48 (4), pp.569-586 2011
"Demand for ISO 14001 adoption in the global supply chain: An empirical analysis focusing on environmentally conscious markets" Resource and Energy Economics 32 (3), pp.395-407 2010
「ワーク・ライフ・バランスと男女均等化は企業業績を高めるか:大阪府における中小企業の分析」 (川口章との共著)『同志社政策研究』第3巻, 31-47頁 2009年
"An empirical study of the initial adoption of ISO 14001 in Japanese manufacturing firms" Ecological Economics 68 (3), pp.669-679 2009

▲Return

【研究ノート】
Title   Date
「独立社外取締役やその属性別選任と株主価値」 (武田克巳との共著)『証券アナリストジャーナル』第52巻第5号, 84-94頁 2014
"Participatory action-research and a framework to evaluate community participation: Sustainability of one-forestry company village" (coauthored with de Freitas, L.C., de Leon-Rotaquio, E. Jr., Rahadian, Y., Tuswadi, and Dharmawan, I.W.S.) Journal of International Development and Cooperation 18 (2), pp.53-62 2011
"The influence of foreign markets on company-decisions to adopt ISO 14001: A study with special reference to Japan, the EU, the US and Australia" 『オーストラリア研究紀要』 第33巻, 101-117頁 2007年

▲Return

【ディスカッションペーパー】
Title   Date
"Dynamics of Factors to Influence Integrated Reporting Practice: Evidence from Japan and UK" (coauthored with Unerman, J. and Kokubu, K.) RIEB Discussion Paper Series, DP2017-12, pp.1-51 2017年
"A Comparative Empirical Analysis of the Determinants of Initiation of Integrated Reporting Practices in Japanese and UK Listed Companies: The View of Voluntary Disclosure Theory or Legitimacy Theory?" (coauthored with Unerman, J. and Kokubu, K.) RIEB Discussion Paper Series, DP2016-07, pp.1-26 2016年
"The role of corporate environmental disclosures: An empirical analysis of the influence of a firm's environmental initiatives on its economic performance" (coauthored with Kokubu, K.) RIEB Discussion Paper Series, DP2014-34, pp.1-27 2014年
"Product innovation in response to environmental standards and competitive advantage: A hedonic analysis of refrigerators in the Japanese retail market" (coauthored with Itoh, M.) RIEB Discussion Paper Series, DP2014-30, pp.1-22 2014年
「カンペールのサービス・イノベーション」 (伊藤宗彦・松本陽一・渡辺紗理菜との共著)『神戸大学経済経営研究所ディスカッションペーパー』No.DP2014-J08 1-21頁 2014年
「サントリー・グループによる高級ワインの新規事業開発」 (伊藤宗彦・松本陽一・渡辺紗理菜との共著)『神戸大学経済経営研究所ディスカッションペーパー』No.DP2014-J07, 1-18頁 2014年
「松谷化学工業社の機能性食品ビジネス」 (伊藤宗彦・松本陽一・渡辺紗理菜との共著)『神戸大学経済経営研究所ディスカッションペーパー』No.DP2014-J06, 1-17頁 2014年
「オランダ・フードバレーのサービス・イノベーション」 (伊藤宗彦・松本陽一・渡辺紗理菜との共著)『神戸大学経済経営研究所ディスカッションペーパー』No.DP2014-J05, 1-16頁 2014年
"Corporate environmental initiatives and shareholder value: Focusing on the role of environmental information and its credibility" (coauthored with Haider, M. B. and Kokubu, K.) RIEB Discussion Paper Series, DP2014-13, pp.1-20 2014年
「ダイキン・ヨーロッパ社のサービスイノベーション」 (伊藤宗彦・渡辺紗理菜との共著)『神戸大学経済経営研究所ディスカッションペーパー』No.DP2013-J05, 1-19頁 2013年
「コニカミノルタ社のサービス・イノベーション」 (渡辺紗理菜・伊藤宗彦との共著)『神戸大学経済経営研究所ディスカッションペーパー』No.DP2013-J04, 1-22頁 2013年
「日本企業のサステナビリティ報告書発行および記述情報の規定要因」 (中尾悠利子・國部克彦との共著)『神戸大学大学院経営学研究科ディスカッションペーパー』2013-10号, 1-14頁 2013年
"Green supply chain management and CO2 emissions performance in Japanese manufacturing firms" (coauthored with Kokubu, K. and Kajiwara, T.) 『神戸大学 大学院経営学研究科ディスカッションペーパー』 2013-9号, 1-19頁 2013年
"The influence of voluntary and mandatory environmental performance on financial performance: An empirical study of Indonesian firms" (coauthored with Jannah, N., Ridwan, H. and Kaneko, S.) RIEB Discussion Paper Series, DP2013-1, pp.1-23 2013年
"Firms' reduction of greenhouse gas emissions and economic performance: Analyzing effects through demand and productivity" (coauthored with Kaneko, S., Komatsu, S. and Fujii, H.) IDEC DP2 Series 2011-1, pp.1-20 2011年
「日本企業の環境および社会情報開示の現状」 (國部克彦・篠原阿紀・鈴木新・北田皓嗣・田中利太との共著)『神戸大学大学院経営学研究科ディスカッションペーパー』 2008-53号, 1-19頁 2008年
"Determinants for corporate environmental and social disclosure in Japan" (coauthored with Kokubu, K., Shinohara, A., Suzuki, A., Kitada, H. and Tanaka, T.) 『神戸大学大学院経営学研究科ディスカッションペーパー』 2008-43号, 1-11頁 2008年

▲Return

学会報告活動

   
Category Title Place Date
座長 「企業と環境」環境経済・政策学会2016年大会 青山学院大学 2016年9月10日
発表 "Environmental Practices in Japan" Enhance Production Efficiency and Mitigate Environmental Impacts by Management System, Quality and Productivity Improvement Tools: Japanese Experience Ho Chi Minh City 2016年8月2日
発表 "Environmental Practices in Japan" Japanese Experience in Material Flow Cost Accounting Hanoi 2016年7月29日
発表 "Determinants of Initiating Integrated Reporting in Japanese and UK Listed Companies: the View of Voluntary Disclosure Theory or Legitimacy Theory?" 8th Asia-Pacific Interdisciplinary Research in Accounting Conference RMIT University 2016年7月14日
ディスカッサント "Understanding the accountability information needs of charities' key stakeholders, Cherrie Yang" 8th Asia-Pacific Interdisciplinary Research in Accounting Conference RMIT University 2016年7月13日
発表 "A Comparative Empirical Analysis of the Determinants of Initiation of Integrated Reporting Practices in Japanese and UK Listed Companies: the View of Voluntary Disclosure Theory or Legitimacy Theory" (with Jeffrey Unerman and Katsuhiko Kokubu), The 4th Joint Symposium between Hanyang University, Kobe University and Nanyang Technological University Hanyang University, Korea 2016年6月3日
発表 "Corporate Social Reporting and Legitimacy in the Banking Industry: Evidence from Bangladesh" (with Mohammad Tazul Islam, Katsuhiko Kokubu and Michiyuki Yagi), 27th International Congress on Social and Environmental Accounting Research University of London, Royal Holloway 2015年8月26日
座長 Session 5, Stream D, 27th International Congress on Social and Environmental Accounting Research University of London, Royal Holloway 2015年8月26日
発表 "A Comparative Empirical Analysis of the Determinants of Early Integrated Reporting Practices in Japan and the UK" (with Katsuhiko Kokubu and Jeffrey Unerman), 27th International Congress on Social and Environmental Accounting Research University of London, Royal Holloway 2015年8月25日
座長 『グリーンサプライチェーンと低炭素化(2)』第10回日本LCA学会研究発表会 神戸大学 2015年3月10日
発表 「日本企業の低炭素化サプライチェーン経営(國部克彦,梶原武久と共同発表)」,第10回日本LCA学会研究発表会 神戸大学 2015年3月10日
座長 『地域と環境(3)』環境経済・政策学会2014年大会 法政大学 2014年9月14日
ディスカッサント "An Analysis of Relationship between Economic Development and Multiple Air Pollutant Emissions from Industrial Sector"(Hidemichi Fujii and Shunsuke Managi)環境経済・政策学会2014年大会 法政大学 2014年9月14日
発表 "Low-Carbon Supply Chain Management and Its Performance in Japanese Manufacturing Firms" (with Katsuhiko Kokubu and Takehisa Kajiwara), Asian Conference of Management Science and Applications (ACMSA) 2013 Kunming University of Science and Technology 2013年12月22日
発表 "Low-Carbon Supply Chain Management and Its Performance in Japanese Manufacturing Firms" RIEB Conference on Economic Analysis and the Chinese Economy: In Celebration of the Agreement on Academic Exchange between the School of Economics, Peking University and the Research Institute for Economics and Business Administration, Kobe University  神戸大学 2013年10月25日
司会 SEEPS 2013 公開シンポジウム「グリーンサプライチェーンの展開と政策的課題」 神戸大学 2013年9月21日
発表 「日本企業のサステナビリティ報告書発行および記述情報の規定要因」(國部克彦・中尾悠利子との共同発表)日本会計研究学会第72回大会 中部大学 2013年9月5日
ディスカッサント "MFCA Management as Sustainable Management(Michiyasu Nakajima, Asako Kimura, and Shoji Oka)" The Seventh Asia Pacific Interdisciplinary Research in Accounting (APIRA) Conference 神戸コンベンションセンター 2013年7月28日
発表 "Green Supply Chain Management and CO2 Emissions Performance in Japanese Manufacturing Firms" (with Katsuhiko Kokubu and Takehisa Kajiwara), The Seventh Asia Pacific Interdisciplinary Research in Accounting (APIRA) Conference 神戸コンベンションセンター 2013年7月28日
発表 "Determinants of Narrative Content of Sustainability Reporting by Japanese Companies" (with Yuriko Nakao and Katsuhiko Kokubu), The Seventh Asia Pacific Interdisciplinary Research in Accounting (APIRA) Conference 神戸コンベンションセンター 2013年7月28日
座長 Parallel Session 5 (Social/Environmental Accounting), The Seventh Asia Pacific Interdisciplinary Research in Accounting (APIRA) Conference 神戸コンベンションセンター 2013年7月28日
発表 "Stakeholder Influence on the Adoption of Assurance in Sustainability Reporting: Evidence from Japan" (with Mohammad Badrul Haider and Katsuhiko Kokubu), The Seventh Asia Pacific Interdisciplinary Research in Accounting (APIRA) Conference 神戸コンベンションセンター 2013年7月27日
発表 「低炭素型サプライチェーンと環境パフォーマンスの実証研究」(國部克彦,梶原武久と共同発表), 2013年度日本社会関連会計学会西日本部会 香川大学 2013年6月15日
発表 "Green Supply Chain Management and CO2 Emissions Performance in Japanese Manufacturing Forims" (with Katsuhiko Kokubu and Takehisa Kajiwara), The Third International Symposium on Operations Management and Strategy (ISOMS) 2013 大阪市立大学 2013年6月1日
発表 "Stakeholder Influence on the Adoption of Assurance and Third Party Comment on Sustainability Reporting: Evidence from Japan" (with Mohammad Badrul Haider and Katsuhiko Kokubu), The Third International Symposium on Operations Management and Strategy (ISOMS) 2013 大阪市立大学 2013年6月1日
ディスカッサント 「産業クラスターサプライチェーンに基づくクリーナープロダクションの管理情報システムの分析と設計」(薜恒新・呉士亮)日中グリーンサプライチェーンと環境経営ワークショップ(環境省環境研究総合推進費(E-1106)/神戸大学経済経営研究所サービス・イノベーション研究部会/神戸大学大学院経営学研究科SESAMIプログラム共催) 神戸大学 2013年2月4日
ディスカッサント "Corporate Governance and the Quality of Greenhouse Gas Emission Disclosures (James Routledge)" The 3rd International Conference of THE JAPANESE ACCOUNTING REVIEW in Kyoto 同志社大学 2012年11月9日
座長 『アジアを含む低炭素型サプライチェーン構築のためのLCAとMFCAの意義と課題』環境経済・政策学会2012年大会 東北大学 2012年9月16日
ディスカッサント 「家計は省エネ金額を正しく認識しているか?」環境経済・政策学会2012年大会 東北大学 2012年9月16日
発表 "Effects of the reduction of greenhouse gas emissions on the economic performance of firms: an empirical study focusing on demand and productivity"(金子慎治,小松悟,藤井秀道と共同発表), 環境経済・政策学会2011年大会 長崎大学 2011年9月23日
発表 "An empirical study of the firm's environmental management implementation on environmental performances"(金子慎治,藤井秀道,小松悟と共同発表), 環境経済・政策学会2010年大会 名古屋大学 2010年9月11日
発表 "Corporate environmental and social disclosure in Japan: a descriptive and quantitative analysis" (with Katsuhiko Kokubu, Aki Shinohara and Hirotsugu Kitada), 2008 North American Congress on Social and Environmental Accounting Research Concordia University, Montreal, Canada 2008年7月7日
発表 "Corporate environmental and social disclosure in Japan: a descriptive and quantitative analysis" (with Katsuhiko Kokubu, Aki Shinohara and Hirotsugu Kitada), 日本社会関連会計学会西日本部会 関西学院大学 2008年6月21日
発表 「企業のISO14001 取得に対する外国市場の影響―日豪に焦点をあてて―」オーストラリア学会第5回関西例会 追手門学院大学 2007年11月10日
発表 "An empirical study on the adoption of ISO 14001 in Japanese firms", 環境経済・政策学会2007年大会 滋賀大学 2007年10月7日

▲Return

社会活動

所属学会
環境経済・政策学会
日本社会関連会計学会
オーストラリア学会
日本LCA学会
日本会計研究学会

▲Return

  

研究助成金

2016~2020年度 環境研究総合推進費「アジア地域における持続可能な消費・生産パターン定着のための政策デザインと評価」(研究分担者)
2016~2019年度 科学研究費補助金:基盤研究(A)「日本型経営システムの形成と発展プロセスの研究」(研究分担者)
2016~2018年度 科学研究費補助金:基盤研究(B)「グローバル経済下におけるグリーン・イノベーションの研究」(研究分担者)
2015~2017年度 科学研究費補助金:基盤研究(C)「統合報告書の実証的日英比較研究」(研究代表者)
2013~2015年度 科学研究費補助金:基盤研究(B)「サステナビリティ経営を支援する会計システムとその国際的普及に関する総合的研究」(研究分担者)
2012~2014年度 科学研究費補助金:基盤研究(C)「日本企業による環境への取り組みとその情報開示が経済パフォーマンスに与える影響」(研究代表者)
2011~2013年度 環境研究総合推進費「アジア地域を含む低炭素型サプライチェーンの構築と制度化に関する研究」(研究分担者)

▲Return

国際交流活動

  • 「統合報告書の日英比較研究」國部克彦(神戸大学)、遠藤貴宏(神戸大学)、Jeffrey Unerman(ロンドン大学ロイヤルホロウェイ校)、Franco Zappettini(ロンドン大学ロイヤルホロウェイ校)と共同研究
  • 「日本・ドイツ企業における経営管理と環境マネジメントの関係に関する国際比較研究」
     國部克彦(神戸大学)、梶原武久(神戸大学)、北田皓嗣(法政大学)、Thomas Guenther (ドレスデン工科大学)、Edeltraud Guenther (ドレスデン工科大学)他と共同研究
  • 「日本企業におけるコーポレートガバナンスの変遷がもたらす影響に関する研究」
     遠藤貴宏(神戸大学)、Rick Delbridge(カーディフ大学)、Jonathan Morris(カーディフ大学)と共同研究
  • 「アジアにおける企業の環境経営モデルの展開とステークホルダーによる導入支援方策に関する研究」 國部克彦(神戸大学)、Nguyen Thi Bich Hue(貿易大学)、Pakpong Pochanart(National Institute of Development Administration)他と共同研究
  • 「インドネシアにおける環境経営の現状に関する研究」 金子慎治(広島大学)、Nurul Jannah(ボゴール農科大学)Hardinsyah(ボゴール農科大学)と共同研究

▲Return

教育活動

年度 講義・演習 大学院・学部
2016年度 経営制度特殊研究(CSR経営) 神戸大学大学院経営学研究科
2014年度 経営制度特殊研究(CSR経営)
社会科学のフロンティア
神戸大学大学院経営学研究科
神戸大学全学共通教育
2013年度 経営制度特殊研究(CSR経営) 神戸大学大学院経営学研究科
2012年度 統計的方法論特殊研究(応用統計分析) 神戸大学大学院経営学研究科

▲Return

受賞歴

  • 日本社会関連会計学会 第27年度奨励賞 「カーボンSBSCフレームワークの構築とその有効性の検証」(岡照二との共著)
  • 環境経済・政策学会 2013年度環境経済・政策学会奨励賞 "An empirical analysis of the effects on firms' economic performance of implementing environmental management systems", Environmental and Resource Economics

▲Return