三輪 一統 Kazunori MIWA

役職 講師
研究部門 企業情報
生年月 昭和61年4月
学歴 平成17年 4月  大阪大学経済学部経済・経営学科入学
平成21年 3月  大阪大学経済学部経済・経営学科卒業
平成21年 4月  大阪大学大学院経済学研究科博士前期課程経営学系専攻入学
平成22年 3月  大阪大学大学院経済学研究科博士前期課程経営学系専攻早期修了プログラム修了
平成26年 3月  大阪大学大学院経済学研究科博士後期課程経営学系専攻単位修得退学
学位 平成29年 3月  博士(経済学)大阪大学
職歴 平成24年 4月  帝塚山大学非常勤講師(~平成26年3月)
平成26年 4月  中部学院大学経営学部経営学科講師(~平成27年3月)
研究分野 情報ディスクロージャー
研究課題
  1. 会計情報の作成過程における経営者の判断に関する分析
  2. 製品市場における情報開示の分析
  3. IPOにおける利益マネジメントに関する分析
  4. 契約支援機能における会計の質に関する分析

研究活動<概要>

財務会計に関連する領域において,数理モデルを用いた分析的手法と,実験室実験により仮説を検証する実験的手法の2つのアプローチによって研究をおこなっている.

現在メインで取り組んでいるのは,製品市場における競争と開示規制の経済的帰結に関する研究である.本研究では,製品市場における競争が存在する状況下で,開示規制が経済社会に与えるインパクトについて明らかにすることにより,望ましい開示規制のあり方について検討することを企図している.これまでに,ある条件の下では,開示規制の導入によって情報獲得に対する企業のインセンティブが低下し,結果的に企業の生産活動が非効率になる可能性があることを明らかにした.

上記の研究では,企業が入手ないし開示する情報は,単なる一つのシグナルとしてあらわされており,会計という固有の情報集約システムから産出される会計情報としての属性が分析のなかに活かされているとは言いがたい.今後は,情報をモデル化するさい,および企業の開示行動を分析するさいに,より会計情報に固有の属性を取り入れた分析をおこなうことを計画している.

<研究業績>

【翻訳】
Title   Date
『心理会計学―会計における判断と意思決定―』(第3章,第5章第6節担当) サラ・E・ボナー著、田口聡志監訳、上枝正幸・水谷覚、三輪一統・嶋津邦洋訳 中央経済社 2012年4月

▲Return

【査読付き論文】
Title   Date
「新規参入企業に対するプレアナウンスメントの戦略的効果」 (椎葉淳と共著)『現代ディスクロージャー研究』第16号,1-23頁 2017年3月
“Economic Consequences of Global Accounting Convergence: An Experimental Study of a Coordination Game” (with Taguchi, S, M.Ueeda and S. Mizutani) The Japanese Accounting Review, Vol.3, pp. 103-120 December 2013

▲Return

【査読無し論文】
Title   Date
「契約支援機能における会計の質に関する理論と実験の融合に向けて」 (田口聡志、上枝正幸と共著)『同志社商学』 第67巻第4号,469-495頁 2016年3月
「製品市場における企業の情報開示行動―Darrough(1993)のレビューと考察」 (呉重和、椎葉淳と共著)『大阪大学経済学』 第63巻第2号,91-118頁 2013年9月
「取引の意思決定と会計記録 ―投資ゲーム実験による検証に向けて―」 『大阪大学経済学』 第61巻第4号,57-68頁 2012年3月

▲Return

【未公刊論文】
Title   Date
"Are IPOs "Overpriced?" Strategic Interactions between the Entrepreneur and the Underwriter" (with S. Taguchi and T. Yamamoto) RIEB Discussion Paper Series, DP2017-07, Research Institute for Economics & Business Administration, Kobe University March 2017
"Welfare Effects of Endogenous Information Acquisition and Disclosure in Duopoly Markets" RIEB Discussion Paper Series, DP2016-17, Research Institute for Economics & Business Administration, Kobe University March 2016
"The Impact of Mandatory Disclosure on Information Acquisition:Theory and Experiment" Discussion Papers in Economics and Business, Graduate School of Economics and Osaka School of International Public Policy(OSIPP), Osaka University, No.13-01 January 2013

▲Return

【その他】
Title   Date
「中部学院大学経営学部のインターンシップの現状分析」 (浅田訓永,藪下武司と共著)『中部学院大学・中部学院大学短期大学部 教育実践研究』
第2巻, 175-184頁
2017年3月
「(研究ノート)ベルトラン複占市場における情報の獲得と開示」 中部学院大学・中部学院大学短期大学部研究紀要
第16号, 59-66頁
2015年3月

▲Return

学会報告活動

   
Category Title Place Date
報告 「強制的な情報開示と情報獲得行動:複占市場実験による検証」 日本ディスクロージャー研究学会第2回JARDISワークショップ,北九州市立大学 2017年3月19日
司会・運営 The 7th International Conference of The Japanese Accounting Review Kobe University January 7, 2017
報告 "Are IPOs 'Overpriced'? Strategic Interactions between the Entrepreneur and the Underwriter," (with S. Taguchi and T. Yamamoto) 2016 Vietnam Symposium in Banking and Finance, Vietnam National University, Hanoi, Vietnam November 18, 2016
討論 "Intraday Liquidity Provision with Limit Orders in IPO Aftermarkets: Evidence from India," (A. Bhattacharya and B. Chakrabarti) 2016 Vietnam Symposium in Banking and Finance, Vietnam National University, Hanoi, Vietnam November 18, 2016
報告 "Are IPOs 'Overpriced'? Strategic Interactions between the Entrepreneur and the Underwriter by Lying," (with S. Taguchi and T. Yamamoto) 28th Asian-Pacific Conference on International Accounting Issues November 7, 2016
報告 "Are IPOs 'Overpriced'? Strategic Interactions between the Entrepreneur and the Underwriter by Lying," (with S. Taguchi and T. Yamamoto) 6th International Conference on Business and Economics Research, Vancouver, Canada September 23, 2016
報告 「減損会計と透明性: 経営者と監査人における意見対立の開示効果の実験研究」(田口聡志・藤山敬史と共同報告) 日本会計研究学会第75回大会、静岡コンベンションアーツセンター(グランシップ) 2016年9月14日
報告 "Are IPOs 'Overpriced'? Strategic Interactions between the Entrepreneur and the Underwriter by Lying," (with S. Taguchi and T. Yamamoto) Tokyo Accounting Workshop, The University of Tokyo March 11, 2016
報告 "Strategic Commitment and Lying: An Experimental Study on the Interaction between Entrepreneur and Underwriter," (with S. Taguchi and T. Yamamoto), The 6th International Conference of The Japanese Accounting Review, Kobe University December 19, 2015
司会・運営 The 6th International Conference of The Japanese Accounting Review Kobe University December 19, 2015
報告 "Why do people tell lies?, " 行動経済学会第9回大会、近畿大学 November 28, 2015
"The Impact of Mandatory Disclosure on Information Acquisition: Theory and Experiment," The 13th Annual Conference of the Asian Academic Accounting Association, Kyoto, Japan November 2012

▲Return

研究助成金

 
2016~2018年度 科学研究費補助金 若手研究(B)「財務報告と企業内部の経営意思決定との相互作用に関する理論的・実験的研究」(研究代表者)
2016~2018年度 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究「財務会計情報の内部作成・利用過程における保守主義とエンフォースメントの実験研究」(研究分担者)
2015~2017年度 科学研究費補助金 基盤研究(B)「契約支援機能における会計の質に関する理論的・実験的研究」(研究分担者)

▲Return