北野 重人 Shigeto KITANO

 
役職 教授
研究部門 グローバル金融
学歴 平成15月 3月 名古屋大学大学院経済学研究科後期博士課程修了
学位 平成15年 3月 博士(経済学)名古屋大学
職歴 平成15年 4月 名古屋大学大学院経済学研究科助手
平成16年 4月 和歌山大学経済学部講師
平成18年 4月 和歌山大学経済学部助教授(平成19年 4月 准教授)
平成20年 4月 神戸大学経済経営研究所准教授
平成26年 1月 神戸大学経済経営研究所教授
研究分野 国際金融政策
研究課題 (1)開放経済下のマクロ政策に関する分析
(2)新興国における資本規制政策に関する分析
(3)為替レート制度選択に関する分析
(4)新興国における金融政策とマクロ・プルーデンス政策に関する分析

研究活動<概要>

 国際資本移動のグローバル化が急速に進む中、マクロ経済政策の効果において、どのような影響が生じつつあるのかについて分析することが大きな研究テーマである。これまで先進国と新興国の間に生じる資本移動についてのメカニズム、並びに、それに伴う政策(資本移動の規制や為替相場制度の選択等)の効果について分析を行ってきた。世界的な金融危機以後の先進国における金利低下により、アジアやラテン・アメリカの新興国への資本流入が急激に増加したことを受け、改めて資本移動の自由化のあり方について関心が高まったが、新興市場国における望ましいマクロ経済政策のあり方について、特に関心を持って研究を行ってきた。具体的には、以下の課題を中心に取り組んできた。

(1)新興国における通貨金融危機の発生メカニズム
(2)通貨金融危機を事前に防ぐための政策(資本規制等)のマクロ的な効果
(3)変動為替レート・固定為替レート・カレンシーボード制といった為替相場制度の選択

 研究の成果として、為替相場制度の選択の問題に関しては、1990年代後半から2000年代前半の一連の危機を受けて、多くの新興市場国がインフレ・ターゲティングを導入したことに注目し、インフレ・ターゲティング、マネタリー・ターゲティングと固定相場制の各レジームの長所と短所について、理論的な政策評価の分析を行い、インフレ・ターゲティングがより望ましいレジームである可能性を示した。
 また為替相場制度の選択の問題に関して、小国開放経済において金融資産市場が不完備な状況でまた金融フリクションが大きい場合には、ペッグ制がむしろ国内インフレやCPIをターゲットとするテイラー・ルールよりも、望ましい可能性があることを明らかにした。
 新興国の債務安定化について、小国開放経済モデルを用いて、財政支出において債務安定化を意図するルールを導入することが厚生を改善する可能性があり、その効果は対外借入におけるフリクションが大きい国ほど、大きくなることを明らかにした。
 また、スタンダードなテイラー・ルールと、それに加えて対外債務水準を考慮した拡張的なテイラー・ルールを比較する小国開放経済モデルを展開し、両者の比較から、対外借入におけるフリクションが大きいほど、対外債務水準を考慮するルールの方が厚生水準を上昇させる可能性があることを明らかにした。
 その他、新興国における資本規制政策や、金融の安定化を意図するマクロ・プルーデンス政策についての望ましいあり方の検討が、現在の研究課題である。

 

<研究業績>

研究業績

【編著】
Title Publishing Date
『マクロ経済学』 (中村保・地主敏樹と共著)東洋経済新報社 2016年7月
『グローバル・マネーフローの実証分析:金融危機後の新たな課題』 (藤田誠一・松林洋一と共編著)ミネルヴァ書房 2014年4月

▲Return

【分担執筆】
Title   Date
"Financial Integration, Capital Flows and Macro-Prudential Policy in East Asia" (with Yoichi Matsubayashi) in Takuji Kinkyo, Shigeyuki Hamori, Yoichi Matsubayashi eds. "Financial Globalisation and Regionalism in East Asia": Routledge, Chapter 2. pp.29-46 2013年11月
「為替レートと経常収支:調整メカニズムの構造変化」 (柴本昌彦と共著)藤田誠一・岩壷健太郎編『グローバル・インバランスの経済分析』 有斐閣 第4章 pp.105–134 2010年10月

▲Return

【論文】
Title   Date
"Capital Controls and Financial Frictions in a Small Open Economy" (with Kenya Takaku), Open Economies Review forthcoming
"External Debt and Taylor Rules in a Small Open Economy" (with Kenya Takaku), Pacific Economic Review, Vol.21, pp. 541–559 2016年12月
"Predetermined Exchange Rate, Monetary Targeting, and Inflation Targeting Regimes" International Journal of Economic Theory, Vol.12 Issue 3, pp.233-256 2016年9月
"Monetary Policy, Incomplete Asset Markets, and Welfare in a Small Open Economy" (with Kenya Takaku), Economics Bulletin, Vol.35, No.1, pp.112–121 2015年3月
「アジア新興国の景気循環について」 『国民経済雑誌』神戸大学経済経営学会 第209巻第3号 pp.63-72 2014年3月
"An Optimal Government Spending Reversal Rule in a Small Open Economy" (with Kenya Takaku), International Review of Economics & Finance, Vol.27, pp.374–382 2013年6月
"Structural Change in Current Account and Real Exchange Rate Dynamics: Evidence from the G7 Countries" (with Masahiko Shibamoto), Pacific Economic Review, Vol.15 No.5, pp.619–634 2012年12月
「小国開放経済の外的ショックと金融政策:ニューケインジアンモデルによる分析」 (高久賢也と共著)『国民経済雑誌』神戸大学経済経営学会 第205巻第3号 pp.57–75 2012年3月
「新興市場国における資本規制について」 『経済科学』名古屋大学 第59巻3号 pp.77–85 2011年12月
"Capital Controls and Welfare" Journal of Macroeconomics, Vol.33 Issue 4, pp.700–710 2011年12月
"Nominal Debt and Inflation Stabilization" International Journal of Economic Theory, Vol.5 Issue 4, pp. 409–422 2009年12月
"Capital Controls, Public Debt and Currency Crises" Journal of Economics, Vol.90 No.2, pp.117-142 2007年3月
"The Government's Foreign Debt in the Argentine Crisis" Review of Development Economics, Vol.9 No.3, pp.368–379 2005年8月
"Consumption Booms, the Real Exchange Rate Appreciation, and the Trade Balance Deterioration: the Role of the World Real Interest Rate" 『経済理論』和歌山大学 第324 pp.21–47 2005年3月
"Macroeconomic effect of capital controls as a safeguard against the capital inflows problem" Journal of International Trade and Economic Development, Vol.13 No.3, pp.233–263 2004年9月
"A Model of Balance-of-Payments Crises due to External Shocks: Monetary vs Fiscal Approaches" Bulletin of Economic Research, Vol.56 No.1, pp.53–66 2004年1月
"Risk Aversion, External Asset Accumulation, and the Exchange Rate" 『経済科学』名古屋大学 第51巻1号 pp.117–127 2003年6月
"Macroeconomic effects and welfare losses of capital inflows" 『国民経済』国民経済研究協会 第166号 pp.41–65 2003年5月
"BOP Crises and External Shocks" Journal of International Economic Studies 法政大学比較経済研究所 Vol.17  pp.87–105 2003年3月
"External Shocks, Capital Inflows, and Growth" 『経済科学』名古屋大学 第50巻3号 pp.149–160 2002年12月

▲Return

【ディスカッションペーパー】
Title   Date
"Capital Controls and Financial Frictions in a Small Open Economy" (with Kenya Takaku), Discussion Paper Series, No.DP2016–34, RIEB Kobe University October 2016
(Revised December 2016)
"Capital Controls as a Credit Policy Tool in a Small Open Economy" (with Kenya Takaku), Discussion Paper Series, No.DP2016–11, RIEB Kobe University March 2016
(Revised December 2016)
"Capital Controls, Monetary Policy, and Balance Sheets in a Small Open Economy" (with Kenya Takaku), Discussion Paper Series, No.DP2015–10, RIEB Kobe University March 2015
(Revised December 2016)
"A Comparison between Optimal Capital Controls under Fixed Exchange Rates and Optimal Monetary Policy under Flexible Rates" (with Kenya Takaku), Discussion Paper Series, No.DP2014–25, RIEB Kobe University May 2014
"Welfare Benefits of Capital Controls:The Case of Spain" (with Yoichi Matsubayashi), Discussion Paper Series, No.DP2014–21, RIEB Kobe University May 2014
"The Potential Welfare Benefit of Capital Controls: the Case of Korea" (with Yoichi Matsubayashi), Discussion Paper Series, No.DP2013–09, RIEB Kobe University March 2013

▲Return

学会報告活動

Category Title Place Date
学会報告 "Capital Controls and Financial Frictions in a Small Open Economy" The 9th Biennial Conference of Hong Kong Economic Association University of Hong Kong, Hong Kong 2016年12月13日
学会報告 「新興国のマクロ経済学-世界金融危機後の着眼点について-」 日本金融学会2016年度秋季大会 関西大学 2016年10月15日
学会報告 "Capital Controls as an Alternative to Credit Policy in a Small Open Economy" 日本経済学会2016年度秋季大会 早稲田大学 2016年9月10日
セミナー報告 "Capital Controls and Financial Frictions in a Small Open Economy" Macroeconomics Workshop 2016 東京大学 2016年7月7日
学会座長 Session Ⅲ:Open Economies in Asia, Economic Integration and Economic Growth University of Washington, U.S.A 2016年5月28日
学会報告 "Capital Controls as an Alternative to Credit Policy in a Small Open Economy," Economic Integration and Economic Growth University of Washington, U.S.A 2016年5月28日
セミナー報告 "Capital Controls and Credit Policy in Emerging Economies" RoMaCs Workshop 岡山大学 2016年2月22日
セミナーコメント "Automobile Exports: Export Price and Retail Price (Yushi Yoshida and Yuri Sasaki)" 9th International Workshop of Methods in International Finance Network 関西学院大学 2015年10月29日
セミナー報告 "Capital Controls, Monetary Policy, and Balance Sheets in a Small Open Economy" 9th International Workshop of Methods in International Finance Network 関西学院大学 2015年10月29日
セミナー報告 "Capital Controls, Monetary Policy, and Balance Sheets in a Small Open Economy" 第7回バブル・金融危機研究会 神戸大学 2015年9月16日
セミナー報告 "Capital Controls, Monetary Policy, and Balance Sheets in a Small Open Economy" Summer Workshop on Economic Theory 2015 小樽商科大学 2015年8月7日
学会コメント "Human Capital Accumulation through Recurrent Education (Mariko Tanaka)" The Eleventh Annual Conference, Asia-Pacific Economic Association National Taiwan University, Taiwan 2015年7月9日
学会報告 "Capital Controls, Monetary Policy, and Balance Sheets in a Small Open Economy" The Eleventh Annual Conference, Asia-Pacific Economic Association National Taiwan University, Taiwan 2015年7月9日
学会報告 "Capital Control, Monetary Policy, and Financial Accelerator in a Small Open Economy" 日本経済学会2015年度春季大会 新潟大学 2015年5月23日
学会報告 "Capital Control, Monetary Policy, and Financial Accelerator in a Small Open Economy" 日本金融学会国際金融部会 明治学院大学 2015年2月21日
学会報告 "A Comparison between Optimal Capital Controls under Fixed Exchange Rates and Optimal Monetary Policy under Flexible Rates" 日本金融学会2014年度秋季大会 山口大学 2014年10月18日
学会コメント "FTA in International Finance: Impacts of Exchange Rates on FTA Utilization (Hayakawa, K., Kim, H., and Yoshimi,T.)" The Tenth Annual Conference, Asia-Pacific Economic Association Bangkok, Thailand 2014年7月12日
学会報告 "External Debt and Taylor Rules in a Small Open Economy" The Tenth Annual Conference, Asia-Pacific Economic Association Bangkok, Thailand 2014年7月12日
講演 「新興市場国への資本流入問題に関するマクロ的分析-世界金融危機後の新たな課題と政策」 第38回弘前大学経済学会大会 弘前大学 2013年10月25日
学会コメント "Prudential Capital Controls: The Impact of Different Collateral Constraint Assumptions (Takayuki Tsuruga, Mitsuru Katagiri, and Ryo Kato)" 日本金融学会 名古屋大学 2013年9月21日
セミナーコメント "Optimal Macroprudential Policy (Yuki Teranishi)" 第10回 Modern Monetary Economics Summer Institute (MME SI) in Kobe 神戸大学 2013年9月3日
学会報告 "The Potential Welfare Benefit of Capital Controls: the Case of Korea" 13th SAET Conference on Current Trends in Economics MINES ParisTech, France 2013年7月25日
学会コメント "Credit Constraints, Firm Entry, and Exchange Rate Pass-Through (Michiru Sakane Kosaka)" 日本経済学会2013年度春季大会 富山大学 2013年6月23日
学会報告 "The Potential Welfare Benefit of Capital Controls: the Case of Korea" The Korea Money & Finance Association Sungkyunkwan University, Korea 2013年6月15日
セミナーコメント 「新興国における供給ショックの国際波及:3カ国DSGEモデルによるインフレーションの分析(岩崎雄斗・河合正弘・平形尚久)」 最近のマクロ金融経済研究の紹介と検討 神戸大学 2012年11月17日
学会コメント 「新興国企業の台頭と為替パススルー:双方寡占モデルによる考察と時系列データによる検証(塩路悦朗・内野泰助)」 日本経済学会2012年度秋季大会 九州産業大学 2012年10月8日
セミナー座長 第9回 Modern Monetary Economics Summer Institute (MME SI) in Kobe 神戸大学 2012年9月6日
セミナー報告 「Matlabの基礎と実践: Dynare」六甲フォーラム 神戸大学 2012年7月13日
学会コメント "Interest-Rate Control Rules and Stability in a Heterogeneous Two-Country Model (Seiya Fujisaki)" 日本経済学会2011年度春季大会 熊本学園大学 2011年5月22日
学会報告 "Predetermined Exchange Rate, Flexible Exchange Rate and Inflation Targeting Regimes" 日本経済学会2011年度春季大会 熊本学園大学 2011年5月21日
セミナー報告 "Predetermined Exchange Rate, Monetary Targeting, and Inflation Targeting Regimes" マクロ経済学研究会 大阪大学中之島センター 2011年5月13日
セミナーコメント 「金融フリクションと通貨統合の費用(吉見太洋)」 日本金融学会中部部会・研究報告会 中京大学 2011年3月5日
セミナー報告 "Fixed Exchange Rate, Floating Exchange Rate and Inflation Targeting Regimes" 日本国際経済学会関西支部研究会 関西学院大学 2011年1月29日
研究会座長 神戸大学経済経営研究所研究集会「経済の数理解析」 神戸大学 2010年11月13日
研究会報告 "Capital Controls and Welfare" 神戸大学経済経営研究所研究集会「経済の数理解析」 神戸大学 2010年11月13日
学会コメント 国際金融パネル「国際金融理論の新潮流――開放型ニューケインジアンモデルの可能性」 日本金融学会2010年度秋季大会 神戸大学 2010年9月26日
講演 「最近の金融危機について」神戸大学公開講座・ひょうご講座 神戸大学 2010年7月10日
セミナー報告 "Capital Controls and Welfare" 神戸大学金融研究会 神戸大学 2010年6月19日
学会報告 "Capital Controls and Welfare" 日本経済学会 2010年度春季大会 千葉大学 2010年6月6日
講演 「日本経済の現状と今後の日本経済の展望」 神戸商工会議所 クオリティホテル神戸 2010年4月26日
セミナー報告 "Capital Controls and Welfare" 南山大学経済学会研究会 南山大学 2010年3月24日
セミナー座長・コメント 2009年度経済学ワークショップ オープンマクロ・国際金融セッション 関西学院大学 2010年3月9日
セミナー報告 "Capital Controls and Welfare" ISER Seminar 大阪大学社会経済研究所 2009年12月21日
セミナー報告 "Capital Controls and Welfare" The 7th Joint Symposium between RIEB/Department of Economics, Kobe University, and Hanyang Economic Research Institute/College of Economics and Finance, Hanyang University on "Changes in the East Asian Financial Markets" Hanyang University, Korea 2009年9月11日
セミナー座長・コメント 2008年度経済学ワークショップ 国際金融・時系列分析セッション 関西学院大学 2009年3月12日
セミナーコメント "Macroeconomic Impacts of Foreign Exchange Reserve Accumulation (Shin-ichi Fukuda and Yoshifumi Kon)" 第7回現代経済政策研究会議『グローバル・インバランスと金融危機』 中之島センタービル 2009年2月21日
セミナー報告 「日本の経常収支と金融政策:為替パス・スルー低下の影響について」 六甲フォーラム 神戸大学 2008年12月22日
セミナーコメント "Global Financial Crisis and Monetary Policy in East Asia" RIEB政策研究ワークショップ 神戸大学 2008年10月25日
学会コメント 「銀行業の再編・統合と金融政策(山本康裕)」 日本金融学会2008年度秋季大会 広島大学 2008年10月13日
セミナーコメント "Interest Rate Persistence with Cost Channel-Price Puzzle Reconsidered (Daisuke Ida)" 第6回 Modern Monetary Economics Summer Institute in Kobe 神戸大学 2008年9月3日
セミナーコメント "Optimal Tax Burden Ratio in Korea (Young Jun Chun and Chong-Bum An)" 第6回 Hanyang-Kobe Joint Seminar 神戸大学 2008年6月10日
学会座長 日本金融学会 2008年度春季大会 金融政策セッション 成城大学 2008年5月18日
学会コメント 「バランスシート効果を考慮した通貨バスケットモデル(中村周史)」 日本金融学会2008年度春季大会 成城大学 2008年5月17日
学会コメント "International Relocation, Difference of Production Cost and Welfare: Analysis Based on the Two-Country Mode (Kohjiro Dohwa)" 日本金融学会2007年度秋季大会 同志社大学 2007年9月8日
セミナーコメント "Financial Development and Endogenous Growth Theory with Horizontal Innovation (Kazunobu Muro)" 第5回 Modern Monetary Economics Summer Institute in Kobe 神戸大学 2007年8月26日
学会コメント "Optimal Monetary and Fiscal Policy Mix in a Currency Union with Nontradable Goods (Eiji Okano)" 日本金融学会2007年度春季大会 麗澤大学 2007年5月13日
セミナー報告 "Capital Controls, Public Debt and Currency Crises" RIEBセミナー 神戸大学 2007年5月7日
セミナー報告 "Nominal Debt and Inflation Stabilization" 神戸大学金融研究会 神戸大学 2006年12月9日
セミナーコメント 「財政政策と経常収支(道和孝治郎)」第4回 Modern Monetary Economics Summer Institute in Kobe 神戸大学 2006年8月26日
学会コメント 「米国経常収支赤字とドル: 「新しい開放マクロ経済学」に基づくアプローチ(五百旗部真吾)」 日本国際経済学会第64回全国大会 立命館大学 2005年10月15日
セミナー報告 「FTPL通貨危機モデルにおける資本規制」 第3回 MME in KOBE 神戸大学 2005年9月10日
セミナー報告 "Capital Controls, Public Debt and Currency Crises" 日本国際経済学会中部支部定例研究会 テイジン富士教育研修所 2005年6月11日
学会報告 "Capital Controls, Public Debt and Exchange Rate Crises: Do Capital Controls Delay Crises?" 日本経済学会2005年度春季大会 京都産業大学 2005年6月5日
セミナー報告 "Balance of Payments Crises and Capital Control" 第2回 MME in KOBE 神戸大学 2004年8月29日
学会報告 "A Model of BOP Crises due to External Shocks: Monetary vs Fiscal Approach" 日本国際経済学会第62回全国大会 京都大学 2003年10月5日
学会報告 "The Government's Foreign Debt and the Argentine Crisis" 日本経済学会2003年度春季大会 大分大学 2003年6月14日
セミナー報告 "The Government's Foreign Debt and the Argentine Crisis" 兼松フェローシップセミナー 神戸大学経済経営研究所 2003年5月21日
セミナー報告 "Macroeconomic effects of capital controls as a safeguard against the capital inflows problem" 大阪府立大学理論・計量経済学セミナー 大阪府立大学 2003年5月1日
セミナー報告 "Macroeconomic effects of capital controls as a safeguard against the capital inflows problem" 社研セミナー 大阪大学社会経済研究所 2003年1月21日
学会報告 "The macroeconomic effects of capital controls as a safeguard against the capital inflows problem due to external shocks" 日本経済学会2002年春季大会 小樽商科大学 2002年6月15日
セミナー報告 "Macroeconomic effects of capital controls as a safeguard against the capital inflows problem" 日本国際経済学会中部支部定例研究会 中京大学 2002年6月1日
学会報告 "Risk Aversion, External Asset Accumulation, and the Exchange Rate" 日本経済学会1998年秋季大会 立命館大学 1998年9月12日
セミナー報告 "Risk Aversion, External Asset Accumulation, and the Exchange Rate" 日本国際経済学会中部支部定例研究会 厚生年金会館 1998年6月6日

▲Return

社会活動

               
学会役員
日本金融学会理事(2014年~)
学術誌編集
Japanese Journal of Monetary and Financial Economics, Co-editor, 2014~
所属学会
American Economic Association
日本経済学会
日本金融学会(理事 2014年~)
日本国際経済学会
IEFS JAPAN
学術論文レフリー
Journal of Money, Credit, and Banking
Journal of International Money and Finance
Journal of Macroeconomics
Journal of Economics
The Manchester School
Review of Development Economics
Japanese Economic Review
Japanese Journal of Monetary and Financial Economics
International Economic Journal
Japan and the World Economy
The B.E. Journal of Macroeconomics
Emerging Markets Finance and Trade
その他
日本学術振興会 科学研究費 第1段審査委員 (平成27・28年度)
日本金融学会2017年春期大会プログラム委員
日本経済学会2017年春期大会プログラム委員
日本金融学会2016年秋期大会プログラム委員
日本国際経済学会2015年全国大会プログラム委員
第10回 Hanyang - Kobe University Joint Conference コーディネーター
神戸大学金融研究会 幹事(2010年~)
日本政策学生会議(ISFJ)論文審査(2009年)
第14・15・16・17回 神戸経済経営フォーラム コーディネーター

▲Return

研究助成金

2016年度~ 日本学術振興会 科学研究費補助金:基盤研究 (C)「先進国の金融政策正常化により新興国において発生するリスクに対するマクロ経済政策」(研究代表者)
2012~2015年度 日本学術振興会 科学研究費補助金:基盤研究 (C)「新興市場国への資本流入問題に関するマクロ的分析-世界金融危機後の新たな課題と政策」(研究代表者)
2012~2014年度 日本学術振興会 科学研究費補助金:基盤研究 (A)「デフレ・円高・財政危機・バブル経済の後遺症に関する包括的理論・実証分析と政策対応」(研究分担者)
2011~2013年度 日本学術振興会 科学研究費補助金:基盤研究 (B)「グローバル・インバランスは政策的に制御可能か」(研究分担者)
2009~2011年度 日本学術振興会 科学研究費補助金:基盤研究 (A)「グローバル経済におけるバブルと金融危機に関する研究:理論と実証」(研究分担者)
2008~2010年度 日本学術振興会 科学研究費補助金:基盤研究 (B)「グローバル・インバランス論の再検討と新しい対外調整メカニズムの可能性」(研究分担者)
2005~2007年度 文部科学省 科学研究費補助金:若手研究 (B)「新興市場の金融通貨危機に関するマクロ的分析-国際資本移動グローバル化の影響と政策」(研究代表者)

▲Return

教育活動

 
年度 講義・演習 大学院・学部
2016年度 「応用国際経済学Ⅱ」
「特殊研究」
「演習」
「現代の経済B」
神戸大学大学院経済学研究科
神戸大学大学院経済学研究科
神戸大学大学院経済学研究科
神戸大学全学共通授業科目
2015年度 「応用国際経済学Ⅱ」
「特殊研究」
「演習」
神戸大学大学院経済学研究科
神戸大学大学院経済学研究科
神戸大学大学院経済学研究科
2014年度 「応用国際経済学Ⅱ」
「特殊研究」
「演習」
神戸大学大学院経済学研究科
神戸大学大学院経済学研究科
神戸大学大学院経済学研究科
2013年度 「応用国際経済学Ⅱ」
「特殊研究」
「演習」
神戸大学大学院経済学研究科
神戸大学大学院経済学研究科
神戸大学大学院経済学研究科
2012年度 「応用国際経済学Ⅱ」
「特殊研究」
「演習」
神戸大学大学院経済学研究科
神戸大学大学院経済学研究科
神戸大学大学院経済学研究科
2011年度 「応用国際経済学Ⅱ」
「特殊研究」
神戸大学大学院経済学研究科
神戸大学大学院経済学研究科
2010年度 「応用国際経済学Ⅱ」
「特殊研究」
神戸大学大学院経済学研究科
神戸大学大学院経済学研究科
2009年度 「国際マクロ経済政策」
「特殊研究」
神戸大学大学院経済学研究科
神戸大学大学院経済学研究科
2008年度 「国際マクロ経済政策」
「特殊研究」
神戸大学大学院経済学研究科
神戸大学大学院経済学研究科

▲Return

受賞歴

  • 神戸大学経済経営研究所 平成14年度兼松フェローシップ入賞 2003年5月
  • 大阪大学社会経済研究所 第5回社研・森口賞入選 2003年1月

▲Return