藤山 敬史 Keishi FUJIYAMA

役職 講師
研究部門 企業情報
生年月 昭和61年4月
学歴 平成22年 3月  一橋大学商学部卒業
平成24年 3月  一橋大学大学院商学研究科修士課程修了
平成27年 3月  一橋大学大学院商学研究科博士後期課程修了
学位 平成27年 3月  博士(商学)一橋大学
職歴 平成27年 4月  神戸大学経済経営研究所講師
研究分野 会計情報分析
研究課題 日本企業による利益マネジメントの特徴、利益属性の国際比較、のれんの減損損失に対する文化の影響、減損損失計上時の人員削減、従業員との契約と利益マネジメント

研究活動<概要>

  1. 日本企業による利益マネジメントの特徴
    日本企業が直面するフォーマル/インフォーマルな制度環境下でどのような利益マネジメントが行われるのかについて研究を行っている。国際財務報告基準が多くの国で適用される一方、日本ではかならずしも多くの企業が当該基準を採用しているとは言い難い。この背景には導入時の金銭的・人的コスト以外にも原因があるかもしれない。現在、日本企業に特徴的な配当行動や従業員との関係性に注目して利益マネジメントの研究を進めている。
  2. 利益属性の国際比較
    会計基準は各国の制度や慣行に応じて設定されてきたが、近年、単一の会計基準である国際財務報告基準の適用を強制する/認める国も多い。しかしながら、周辺制度はかならずしも単一とはなっておらず、各国の企業は異なる制度環境に直面している。このような状況のなかで、各国の企業によって報告される利益がどのような性質をもっているのかについて研究を進めている。たとえば、経営者に大きな裁量を与えているのれんの減損会計に焦点をあて、各国で会計処理が異なるのかどうかについて研究を進めている。

<研究業績>

研究業績

【分担執筆】
Title   Date
"The Influence of Informal Institutions on Impaired Asset Write-offs: Securing Future and Current Pies for Payout in Japan" (with K. Ito and M. Nakano), International Perspectives of Accounting and Corporate Behavior, Springer, Feburary 2014 Feburary 2014

▲Return

【論説】
Title   Date
「解題深書 会計ジャーナル研究入門」 『企業会計』第67巻第12号 1699-1703頁 2015年12月
「固定資産の減損損失の適時性」 『インベスター・リレーションズ』第8号 2014年10月
"Quarterly Earnings Management around the World: Loss Avoidance or Earnings Decrease Avoidance?" (with T. Kagaya, T. Suzuki, and Y. Takahashi) Hitotsubashi journal of Commerce and Management, Vol.48, No.1 October 2014
「減損損失計上の意思決定に及ぼす経営者交代の影響」 『産業経理』第74巻第2号 157-168頁 2014年7月

▲Return

【未掲載論文】
Title   Date
"Downsizing, Impairment Recognition Timing, and Non-Executive Employee Ownership: A Japanese Perspective" RIEB Discussion Paper Series, DP2016-10, Research Institute for Economics & Business Administration, Kobe University 2016
"The Influences of Culture on Goodwill Impairment Loss Decisions: Evidence from EU firms" (with S. J. Gray) Working Paper, The Hitotsubashi University Center for Japanese June 2014

▲Return

 

学会報告活動

Category Title Place Date
発表 「減損会計と透明性―経営者と監査人における意見対立の開示効果の実験研究―」 (三輪一統、田口聡志との共同報告)日本会計研究学会第75回大会、グランシップ(静岡) 2016年9月
発表 「人員削減前後の利益属性」 (黒木淳との共同報告)日本会計研究学会第75回大会、グランシップ(静岡) 2016年9月
発表 "Cultural Influences on Goodwill Impairment Loss Decisions: Evidence from the European Union" (with Sidney J. Gray) American Accounting Association Annual Meeting 2016, New York, USA August 2016
発表 "Downsizing, Impairment Recognition Timing, and Non-Executive Employee Ownership: A Japanese Perspective" American Accounting Association Annual Meeting 2016, New York, USA August 2016
発表 "Downsizing, Impairment Recognition Timing, and Non-Executive Employee Ownership: A Japanese Perspective" Korean Accounting Association 2016 Annual Summer/International Conferenc, Gangwon-do, Korea June 2016
発表 「減損損失計上時の人員削減と所有構造」 日本会計研究学会、神戸大学 2015年9月
発表 "The Influences of Culture on Goodwill Impairment Loss Decisions: Evidence from EU firms" (with Sidney J. Gray) 日本会計研究学会(英語セッション)、横浜国立大学 September 2014
発表 「固定資産の減損損失の計上タイミングに関する実証的考察」 日本会計研究学会、中部大学 2013年9月
発表 "The Influence of Informal Institutions on Impaired Asset Write-offs: Securing Future and Current Pies for Payout in Japan" European Accounting Association Annual Congress, Paris, France May 2013
発表 "Securing Future and Current Pies for Payout and Impaired Asset Write-Offs: Evidence from Japan" American Accounting Association-International Accounting Section Midyear Meeting, Savannah Georgia the United States February 2013
発表 "The Determinants of Impaired Long-Lived Asset Write-offs: Evidence from Japan" Asian Academic Accounting Association, Kyoto Japan October 2012
発表 「日本企業の滅損損失の決定要因」 日本会計研究学会、一橋大学 2012年9月
発表 "QUARTERLY EARNINGS MANAGEMENT AROUND THE WORLD: LOSS AVOIDANCE OR EARNINGS DECREASE AVOIDANCE?" (with T. Kagaya, T. Suzuki and Y. Takahashi) Asian-Pacific Conference on International Accounting Issues, Beijing China October 2011

▲Return

社会活動

所属学会
アメリカ会計学会(American Accounting Association)
ヨーロッパ会計学会(European Accounting Association)
日本会計研究学会
日本インベスター・リレーションズ学会

▲Return

研究助成金

2015~2016年度 科学研究費補助金:研究活動スタート支援「従業員との契約と利益調整行動の関係性に関する研究」(研究代表者)

▲Return

国際交流活動

  • "The Influences of Culture on Goodwill Impairment Loss Decisions: Evidence from EU firms"(with S. J. Gray), The Hitotsubashi University Center for Japanese, June 2014

▲Return

受賞歴

  • The Vernon Zimmerman Best Paper Award (Best Doctoral Student Paper), Asian-Pacific Conference on International Accounting Issues October 2011

▲Return