榎本 正博 Masahiro ENOMOTO

 
役職 准教授
研究部門 企業情報
学歴 平成 6年 3月    早稲田大学商学部卒業
平成 8年 3月    大阪大学大学院経済学研究科経営学専攻博士前期課程修了
平成11年 3月   大阪大学大学院経済学研究科経営学専攻博士後期課程単位取得退学
学位 平成24年 9月   博士(経営学) 大阪大学
職歴 平成11年 4月   静岡大学人文学部経済学科講師
平成16年 4月   静岡大学人文学部経済学科助教授
平成16年10月  東北大学大学院経済学研究科助教授
平成19年 4月   東北大学大学院経済学研究科准教授
平成24年 4月   神戸大学経済経営研究所准教授
研究分野 会計情報分析
研究課題 会計基準の導入・改訂が企業会計に与える影響の分析,利益マネジメント手法の相互関連分析,会計情報の国際比較分析,会計情報と投資の効率性

研究計画

  1. 会計基準の新設・改訂と利益マネジメント
     わが国では近年会計基準の新設・改訂が相次いでいる。そのような状況の中,会計基準の導入とそれに対応する利益マネジメントについて,いくつかの尺度を統一的に用いて比較し,各尺度の相互関係を検討する。分析では利益マネジメントの有無及び程度を左右する要因(動機)を考慮する。各基準が企業に与えた影響について,利益マネジメントまで視点を広げることで,財務諸表上の数値だけでない,その全体像が理解可能となる。
  2. 利益マネジメントの国際比較
     利益マネジメントは会計的裁量行動と実体的裁量行動に分類できる。それら2種類の利益マネジメントが,各国の状況によりどのような違いがあるのかを分析する。

研究活動

研究業績

【著書】
Title   Date
「連結会計(新訂版)」 (内山峰男と共著)同文舘出版 第3・4・5・6・7・8章,29-113頁 2009年12月
「連結会計(改訂版)」 (一法師信武と共著)同文舘出版 第3・4・5・6・7・8章,29-124頁 2007年4月
「連結会計」 (一法師信武と共著)同文舘出版 第3・4・5・6・7・8章,27-127頁 2005年7月
「はじめよう経済学のための情報処理」 (浅利一郎・山下隆之・土居英二・伊東暁人と共著)日本評論社 第3章,71-89頁 2004年4月

▲Return

【論文】
Title   Date
「「会計方針」開示企業の規則性」 『企業会計』第69巻第4号,35-43頁 2017年4月
"Discontinuities in Earnings and Earnings Change Distributions after J-SOX Implementation: Empirical Evidence from Japan," (with Tomoyasu Yamaguchi), Journal of Accounting and Public Policy, 36 (1): 82-98pp January 2017
「投資の効率性と財務報告の質の関係:サーベイと今後の展開可能性」 『早稲田商学』446号,515-544頁 2016年10月
「退職給付会計基準と報告利益管理:適用前年における会計方針の変更の発生要因」 辻正雄編著『経営者による会計政策と報告利益管理』(第9章)165-182頁 2016年3月
「報告利益管理の検出方法」 辻正雄編著『経営者による会計政策と報告利益管理』(第4章第2節)98-108頁 2016年3月
"Accrual-Based and Real Earnings Management: An International Comparison for Investor Protection" (with Fumihiko Kimura and Tomoyasu Yamaguchi), Journal of Contemporary Accounting and Economics, 11 (3): 183-198pp December 2015
「会計方針の変更に関する基礎的分析」 『国民経済雑誌』第210巻第5号29-65頁 2014年11月
「新会計基準の導入と報告利益管理-退職給付会計基準の適用に伴う会計方針の変更の発生要因-」 『経営者による会計政策と報告利益管理』(日本会計研究学会・特別委員会最終報告書)129-149頁 2014年9月
「倒産企業における会計操作の検出」 (首藤昭信と共著)『現代ディスクロージャー研究』追悼記念号 第13号,33-48頁 2013年10月
「日本企業の利益マネジメントの傾向分析-国際比較の観点から-」 (木村史彦・山口朋泰と共著)『産業経理』第73巻第3号109-124頁 2013年10月
「報告利益管理に伴う経営者の裁量行動の検出方法」 『経営者による会計政策と報告利益管理』(日本会計研究学会・特別委員会中間報告書)123-133頁 2013年9月
「経営者の業績予想に対する基礎的調査-連結及び単体情報の比較を中心にして-」 (乙政正太と共著)『研究年報 経済学』第69巻第4号423-443頁(研究ノート) 2009年3月
「株式の所有構造と経営者の業績予想」 (乙政正太と共著)『産業経理』第68巻第3号75-85頁 2008年10月
「減損会計基準の適用時期の選択と経営者の会計行動に関する実証分析」 『会計プログレス』第9号23-38頁 2008年9月
「会計操作に対する株価反応」 (石川博行と共著) 須田一幸・山本達司・乙政正太編著『会計操作-その実態と識別法,株価への影響』第7章所収174-196頁 ダイヤモンド社 2007年6月
「日本企業における経営者の業績予想の動向」 (乙政正太と共著)『産業経理』第67巻第1号47-57頁 2007年4月
「減損会計基準の適用における利益マネジメント-早期適用企業を用いた実証分析-」 『管理会計学』第15巻第2号41-56頁 2007年3月
「倒産企業の会計操作(六)-証券市場に与えた影響-」 (須田一幸・石川博行・音川和久と共著)『會計』第166巻第3号459-469頁 2004年9月
「倒産企業の会計操作(五)-証券市場に与えた影響-」 (石川博行・音川和久と共著)『會計』第166巻第2号272-286頁 2004年8月
「拡張して定義された会計発生高と将来株式リターンの関連について」 『経済研究』第8巻第2号79-99頁 2003年10月
「裁量的会計発生高と将来株式リターンの関連について-運転資本会計発生高を中心とした分析-」 『経済研究』第 7巻第3・4号145-168頁 2003年3月
「業績悪化企業の会計選択-会計発生高モデルを用いた分析-」 『會計』第159巻第6号858-873頁 2001年6月
「実証会計研究における会計発生高モデルの展開」 『大阪大学経済学』第48巻第2号123-139頁 1998年12月
「会計発生高およびその構成要素の特性を探る」 (浅野信博と共著)『産業経理』第58巻第1号116-128頁 1998年4月
「会計発生高モデルの構築に向けて-Jonesモデルの有効性に関する検証および問題提起-」 (浅野信博と共著)『大阪大学経済学』第47巻第2・3・4号81-101頁(覚書) 1998年1月
「無配転落企業の会計選択-会計発生高を中心として-」 『大阪大学経済学』第46巻第3号65 -80頁 1997年1月

▲Return

【ディスカッション・ペーパー】
Title   Date
"The Impact of Japanese Regulatory Changes on Accrual-Based and Real Earnings Management" (with Tomoyasu Yamaguchi), Discussion Paper Series, No.DP2016-18, RIEB Kobe University April 2016
"Discontinuities in Earnings and Earnings Change Distributions after J-SOX Implementation: Empirical Evidence from Japan" (with Tomoyasu Yamaguchi), Discussion Paper Series, No.DP2015-26, RIEB Kobe University June 2015
(Revised October 2016)
"A Reexamination of Changes in Accounting Policy: Evidence from Japan" Discussion Paper Series, No.DP2015-12, RIEB Kobe University March 2015
"A Cross-Country Study on the Relationship between Financial Development and Earnings Management" (with Fumihiko Kimura and Tomoyasu Yamaguchi), Discussion Paper Series, No.DP2013-34, RIEB Kobe University November 2013
(Revised August 2017)
"Accrual-Based and Real Earnings Management: An International Comparison for Investor Protection" (with Fumihiko Kimura and Tomoyasu Yamaguchi), Discussion Paper Series, No.DP2012-13, RIEB Kobe University May 2012
(Revised May 2015)
"Empirical Study on Changes in Accounting Policy: A Reexamination of the Income-Smoothing Hypothesis," TM & ARG Discussion Papers No.101 April 2011
「会計基準の適用時期の選択と利益マネジメント-減損会計基準の導入にあたって-」 TM & ARG Discussion Papers No.80 2007年11月
「経営者の業績予想に関するデータ分析」 (乙政正太と共著)Working Paper Series No.22 Kansai University 2007年10月
「減損会計基準の適用における利益マネジメント-早期適用企業を用いた実証分析-」 TM & ARG Discussion Papers No.77 2006年5月

▲Return

【その他】
Title   Date
辞典項目
「第六版 会計学辞典」(経常利益(損失)など計6項目)
神戸大学会計学研究室編 同文舘出版 2007年8月

▲Return

【書評】
Title   Date
若林公美著「包括利益の実証研究」(中央経済社) 『企業会計』2010年4月号143頁 中央経済社 2010年3月
須田一幸編著「会計制度の設計」(白桃書房) 『企業会計』2008年8月号95頁 中央経済社 2008年8月

▲Return

学会報告活動

Category Title Place Date
学会報告 「監査等委員会設置会社への移行要因の探索」(浅野信博・松中学との共同報告) 日本ディスクロージャー研究学会第15回研究大会 東北大学 2017年6月25日
学会司会 自由論題報告(1)オーラルセッション,日本ディスクロージャー研究学会第15回研究大会 東北大学 2017年6月24日
セミナー報告 「財務報告の質の向上がもたらす投資の効率性の改善―先行研究の整理と今後の研究の進展について」Handai Accounting Research Seminar (HARS) 大阪大学 2017年3月4日
学会司会 The 7th International Conference of THE JAPANESE ACCOUNTING REVIEW Kobe University 7 January, 2017
学会運営 The 7th International Conference of THE JAPANESE ACCOUNTING REVIEW Kobe University 7 January, 2017
セミナー報告 「利益の質に関する国際比較研究について」日本銀行金融研究所セミナー 日本銀行金融研究所 2016年11月
コメンテーター "Do Client Knowledge and Audit Team Composition Mitigate Partner Workload?", 日本経営財務研究学会第40回全国大会 武蔵大学 2016年10月
学会報告 "The Impact of Japanese Regulatory Changes on Accrual-Based and Real Earnings Management" (with Tomoyasu Yamaguchi), American Accounting Association 2016 Annual Meeting Hilton and Sheraton Times Square (U.S.A.) 9 August, 2016
学会報告 "The Impact of Japanese Regulatory Changes on Accrual-Based and Real Earnings Management" (with Tomoyasu Yamaguchi), 39th European Accounting Association Annual Congress 2016 Maastricht, the Netherlands 12 May, 2016
学会報告 "The Impact of Japanese Regulatory Changes on Accrual-Based and Real Earnings Management" (with Tomoyasu Yamaguchi), 2016 Global Conference on Business and Finance The Institute for Business and Finance Research (U.S.A.) 6 January, 2016
学会運営 The 5th International Conference of THE JAPANESE ACCOUNTING REVIEW Kobe University 21 December, 2014
コメンテーター 「コーポレート・ガバナンスと実体的利益マネジメント」日本経営財務研究学会第38回全国大会 明治大学 2014年10月
コメンテーター "A New Test of Detecting Ability of Earnings Management Models", 日本会計研究学会第73回大会 横浜国立大学 2014年9月
学会報告 「経営者による会計政策と報告利益管理」日本会計研究学会特別委員会最終報告(委員長:辻正雄)日本会計研究学会第73回大会 横浜国立大学 2014年9月
学会司会 2014 International Conference on Accounting and Information Technology National Chung Cheng University 21 February, 2014
学会報告 "A Cross-Country Study on the Relationship between Financial Development and Earnings Management", 2014 International Conference on Accounting and Information Technology National Chung Cheng University 21 February, 2014
学会運営 The 4th International Conference of THE JAPANESE ACCOUNTING REVIEW Kobe University 22 December, 2013
学会報告 「日本企業の利益マネジメントの傾向分析-国際比較の観点から-」日本会計研究学会第72回大会 中部大学 2013年9月
学会報告 「経営者による会計政策と報告利益管理」日本会計研究学会特別委員会中間報告(委員長:辻正雄)日本会計研究学会第72回大会 中部大学 2013年9月
学会報告 "Accrual-Based and Real Earnings Management: An International Comparison for Investor Protection", 6th International Workshop on Accounting and Regulation University of Siena (Italy) 5 July, 2013
司会 日本ディスクロージャー研究学会第7回研究大会 福島学院大学 2013年5月
学会報告 「利益マネジメントの検出方法の深化」日本ディスクロージャー研究学会第6回研究大会(統一論題「ディスクロージャー研究のシンカ」) 神戸大学 2013年1月
学会報告 "Accrual-Based and Real Earnings Management: An International Comparison for Investor Protection" (with Fumihiko Kimura and Tomoyasu Yamaguchi), 13th Annual Conference of the Asian Academic Accounting Association (AAAA) 京都大学 2012年11月
学会運営 The 3rd International Conference of The Japanese Accounting Review in Kyoto 同志社大学 2012年11月
セミナー報告 "Accrual-Based and Real Earnings Management: An International Comparison for Investor Protection" (with Fumihiko Kimura and Tomoyasu Yamaguchi), HARSセミナー 大阪大学 2012年10月
セミナー報告 「会計処理方法の変更に関する実証分析」RIEBセミナー 神戸大学経済経営研究所 2009年10月
セミナー報告 「減損会計基準の適用における利益マネジメント-早期適用企業を用いた分析-」日本管理会計学会・2006年度第1回管理会計リサーチセミナー 早稲田大学 2006年5月
学会報告 「倒産企業の会計操作-証券市場に与えた影響-」(石川博行・音川和久と共同報告) 日本会計研究学会第62回全国大会 近畿大学 2003年9月
学会報告 「業績悪化企業の会計選択-会計発生高モデルを用いた分析-」日本会計研究学会第59回全国大会 明治大学 2000年9月

▲Return

社会活動

The Japanese Accounting Review(編集委員)
所属学会
日本会計研究学会
日本管理会計学会
原価計算研究学会
経営財務学会
日本ディスクロージャー研究学会(学会誌編集委員)
American Accounting Association
European Accounting Association
学会誌審査委員
会計プログレス、経営財務研究、管理会計学、The Japanese Accounting Review

▲Return

研究助成金

     
2017~2019年度 科学研究費補助金:基盤研究 (C)
「財務報告の質と投資の効率性の関連に関する実証研究」研究代表者
2017~2019年度 科学研究費補助金:基盤研究 (C)
「わが国における監査役会の機能の解明」研究分担者(研究代表者:浅野信博)
2015~2017年度 科学研究費補助金:基盤研究 (C)
「利益マネジメントに関する国際比較研究」研究分担者(研究代表者:木村史彦)
2014~2016年度 科学研究費補助金:基盤研究 (C)
「経営者の会計的裁量行動と実体的裁量行動の代替関係及び抑制に関する実証分析」研究代表者
2013年度 公益財団法人石井記念証券研究振興財団 平成25年度研究助成
「金融発展と利益の質に関する国際比較研究」研究分担者(研究代表者:木村史彦)
2013~2015年度 科学研究費補助金:基盤研究 (A)
「経営者による会計政策と報告利益管理に関する研究」研究分担者(研究代表者:辻正雄)
2012年度 公益財団法人日本証券奨学財団 研究調査助成金
「投資家保護の環境が経営者の利益操作に与える影響に関する国際比較研究」研究代表者
2011~2013年度 科学研究費補助金:基盤研究 (C)
「新会計基準の導入に起因する利益マネジメントについての実証研究」研究代表者
2009年度 経和会記念財団助成:
「経営者の会計行動に関する研究会の開催」研究代表者
2008~2010年度 科学研究費補助金:若手研究 (B)
「会計処理方法の変更からみる会計実務の規則性に関する実証研究」研究代表者
2007~2009年度 科学研究費補助金:基盤研究 (B)
「ディスクロージャーの最適水準およびその経済的影響の探求」研究分担者 (研究代表者:高尾裕二)
2007年12月
~2008年12月
全国銀行学術研究振興財団・研究助成:
「経営者予想利益の保守化要因と予想利益達成戦略」研究代表者
2006~2007年度 科学研究費補助金:若手研究 (B)
「減損会計基準の適用における利益マネジメントに関する実証研究」研究代表者
2006~2007年度 科学研究費補助金:基盤研究 (C)
「会計情報分析のための統計的手法の開発とそれを用いた実証研究」研究分担者 (研究代表者:佃良彦)
2002~2003年度 科学研究費補助金:若手研究 (B)
「経営者の裁量的会計手続き選択と資本市場の関係について-会計発生高を中心として-」研究代表者
2002年度 科学研究費補助金:基盤研究 (C)
「粉飾決算の実証研究に係わる企画調査」研究分担者 (研究代表者:須田一幸)

▲Return

教育活動

年度 講義・演習 大学院・学部
2015年度 財務会計特殊研究(実証会計学) 神戸大学大学院経営学研究科
2014年度 財務会計特殊研究(実証会計学) 神戸大学大学院経営学研究科
2013年度 財務会計特殊研究(実証会計学)
教養原論「社会科学のフロンティア」
神戸大学大学院経営学研究科
神戸大学全学共通教育
2012年度 財務会計特殊研究(実証会計学) 神戸大学大学院経営学研究科

▲Return

受賞歴

  • 2014 International Conference on Accounting and Information Technology, Best Paper Award, 平成26年2月
  • 日本管理会計学会 学会賞(論文賞) 平成19年9月

▲Return