非常勤講師(平成27年度) Adjunct Researchers (2015 fiscal year)

当研究所では、各教員の個人研究に加えて、研究課題に応じて学内外の研究者を非常勤講師として招へいし、積極的に共同研究を実施しています。

(平成27年度 実績計15名)
2015 fiscal year

氏名 本務先・職名 研究テーマ
Davis Colin Robert 同志社大学国際教育インスティテュート 准教授 イノベーションのインセンティヴが経済成長に与える影響の理論分析
阿部 顕三 大阪大学大学院経済学研究科 教授 国内・国際輸送と環境に関する理論分析
伊藤 秀史 一橋大学大学院商学研究科 教授 契約理論
井上 真由美 高崎経済大学経済学部 講師 兼松史料を用いた経営問題の研究
岡村 誠 広島大学大学院社会科学研究科 教授 国際間の戦略的消費税決定の分析
佐藤 朋彦 総務省統計局統計調査部消費統計課 調査官 附属企業資料総合センターデータベースの構築
白井 泉 一般財団法人日本経済史研究所 研究員 日本経済史・日本経営史
高久 賢也 愛知淑徳大学ビジネス学部 講師 開放経済における最適金融対策:DSGEモデルによるアプローチ
高橋 広雅 広島市立大学国際学部 准教授 社会規範と市場規範の境界に関する研究
土居 潤子 関西大学経済学部 教授 イノベーションと成長
内藤 巧 早稲田大学政治経済学術院 教授 国際貿易と経済成長
福田 勝文 広島大学社会科学研究科 特任助教 国際貿易と失業に関する理論研究
舛井 道晴 石巻専修大学経営学部 准教授 交換経済の計算分析
松島 法明 大阪大学大学院経済学研究科 教授 垂直取引関係が技術投資に与える効果
米田 耕士 熊本学園大学経済学部 特任助教 日本の金融機関の労務管理